クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

債務整理と返済について

クレジットカード利用停止でも強制解約にならずそのまま残される?

更新日:

150303

支払うべきクレジットカードの代金を期日内に支払わないような問題が起きると、お手持ちのクレジットカードが利用停止になってしまいます。

代金支払い専門の機能しか持たなくなって、利用限度額の枠内であっても、新たに買い物ができなくなります。

ところで利用停止になってしまった時点で、「自分は強制解約された」と思い込んでしまう人が多いです。

カード会社もしっかりと説明していないのも問題ですが、実は利用停止になった時点ではまだ会員状態で解約扱いにはなっていません。

この利用停止になっても解約されないというのは、その後の信用情報の取り扱いで問題になるケースが出てきます。

ブラックリストに載り続けてしまう

延滞をして利用停止になれば、そのことは当然のことながら事故情報として信用情報に登録されます。

そうなると、新しくカードを作ることもローンを組むこともできなくなります。もし解約されているのであれば、解約された段階から5年間は事故情報が掲載されます。

しかし5年経過すれば、事故情報はなくなって、ブラックから脱出できるわけです。

ところが利用停止になっているけれども、解約されていないとどうでしょうか?

解約されていない、代金も支払っていないということであれば、延滞の状態がずっと続いているのと一緒なわけです。つまりブラック情報がどんどん更新されていることを意味します。

つまり、利用停止になってから5年以上経過しても、ブラック情報はそのままにされてしまうのです。いつまでたっても、カードを作ることもローンを組むこともできなくなります。

カード会社の中には、ブラックが載り続けることを狙って、意図的に強制解約にしない嫌がらせのようなことをしてくるところもあります。

ですからもしカードの延滞をして利用停止になっているのであれば、個人信用情報を取り寄せてみることです。正規の手続きを個人信用情報機関で行えば、自分の信用情報は閲覧できます。

ネガティブな情報が残されていないかどうか確認してみることです。

強制解約になる前に

支払期日までにクレジットカードの支払いができないと、利用停止の状態になってしまいます。

そしてさらに延滞を連続して繰り返してしまうと、強制解約されるという運びが一般的です。強制解約になると、信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、ブラック情報が載ります。

そこで強制解約にならないようにするための方策をとる必要があります。強制解約になっている人を見てみると、クレジットカードを多数持っている人が多いです。

たくさんカードを持っていると、どこにどれだけの支払が残っているのか、自分でも把握しにくくなります。

その結果延滞とか、自分の収入を超える請求が来るなどのトラブルになりがちです。

たくさんのカードを持っいる人は整理しよう

そこでクレジットカードの解約を進め、必要なものだけに絞ってみることが大事です。たくさんカードを持っている人は、いくつか使っていない不要なものもあるはずです。クレジットカードは2枚程度あれば十分なので、使っていないカードの処分を進めてみてください。

複数のカードを使ってショッピングやキャッシングをしているのは、多重債務をしているのと同じような状況です。

多重債務は、返済不能の状況に陥るリスクを高めます。自主的な解約を進めて、利用停止や強制解約にならないようにするために対処してください。

多くのクレジットカードは、持っているだけで年会費を負担しないといけません。

クレジットカードのスリム化を図ると、この無駄な年会費の負担も軽減され、その意味でも経済状況を改善できるメリットがあります。

-債務整理と返済について

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.