クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

債務整理と返済について

総量規制の影響で借金難民が漂流する?

更新日:

150305

貸金業法が改正されたことにより、年収の1/3以上の借金ができなくなりました。これは借金を返せない人がほかの所で借金をするという多重債務の状態に陥らないようにするための方策です。

しかし総量規制を設けることで、借金難民が増えるのではないかともいわれています。

借金難民とは、生計を立てるにあたって借金を使っている人です。

今までは何とかやり繰りできたものが、年収の1/3以下という借入限度額を当てはめることでこれ以上借金できなくなるケースも考えられます。

そうなると、まっとうな消費者金融などから借り入れることが難しくなります。そこで借金難民を総量規制のせいで、より窮地に追い込まれるのではないかという懸念も出てきています。

闇金の餌食になってしまう人も

総量規制のなかった時には、借金返済できないのであればほかの所から借り入れをしてやり繰りしている人も多かったです。この多重債務ですが、最初の内は普通の消費者金融などから借り入れできるかもしれません。

しかし借入先が多くなると、消費者金融は融資を渋ります。そこで最終的には闇金に手を出してしまうというパターンが多かったです。

このように闇金に手を出して多重債務の地獄で悩まされないようにするために、総量規制は生まれました。ところが総量規制のせいで、闇金に手が出やすくなったという指摘もあります。

年収の3分1以上の金額を借りてる人は消費者金融で借りられない

そこで闇金から苦し紛れにお金を借りる人が増えるのではないかという点です。

すでに闇金側は、借金難民をターゲットにしたサービスを開始しています。しかも一見すると普通の消費者金融を装って、額面金利も高くなく気軽に借りられるような体裁をとっています。

このため、より借金難民でお金に困っている人は飛びつきやすくなっているのです。

ブラック情報を消す業者

借金難民の中には、借金の返済ができず延滞扱いになっている人もいます。もし個人信用情報に借金返済ができず、長期延滞になっているとブラックリスト扱いになってしまいます。

ブラック情報が入っていると、ローンを組むこともクレジットカードを作ることもできなくなります。ブラック情報のおかげで、借金難民となるケースもあるわけです。

しかし悪徳業者の中には、このようなブラック情報のある借金難民に対して「ブラック情報が消せますよ」といって近づいてくるケースがあります。そしてブラック情報を消すための手数料を請求してくるわけです。

個人信用情報機関と無関係の人が、ブラック情報を消すことは不可能です。

またブラック情報を持っている人に対して、無担保で融資をしている所もあるようです。借金がまともな方法ではできず、金銭のやりくりに行き詰っている人の中にはこのような業者に飛びつく傾向もみられます。

まさに「溺れる者藁をも掴む」思いです。しかしブラック情報のある人に融資をする時点で、まともな業者ではないと思った方がいいです。

まとめ

このように借金難民には、いろいろと悪徳業者が近づいてくる恐れがあります。瞬間的には借金の山を越えたような錯覚に陥りますが、後々さらに大きな借金問題が待ち構えます。

借金難民は毎日資金繰りのことで頭がいっぱいになっているので、冷静な頭で考えればおかしなことでも飛びついてしまう恐れがあります。

ですから、甘い言葉をかけられた時にはいったん立ち止まって考えてみることが大事です。

そしておかしいと思える話であれば、目の前にニンジンをぶら下げられたとしても安易に手を出すべきではありません。

-債務整理と返済について

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.