クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

【必読】超ブラックでも作れるクレジットカードって存在する?それって都市伝説?

更新日:


すすめクレジットカードクレジットカードは一度ブラックリストに載ってしまうと作れなくなってしまうのでしょうか。

過去にブラックリストに載ってしまったという人であっても新規のカードを作成することは可能です。

ただし実際に申請する場合にはクレヒス(信用履歴)の作り方や上げ方が重要なポイントになります。

今回は新規のクレヒスの作り方や上げ方について詳しく解説しますので、ブラックリストに載ってしまった履歴などがあるけれど新規のクレジットカードを作りたいという人は是非とも参考にしてみてください。

もくじ

クレカ”とりあえず1枚作って”クレヒスを貯める事が大事
クレカ申込みは1枚に、多重申込みには要注意
クレヒスを貯めやすいクレカはこれ
審査無しのデビット


どのようなカードならば審査に通るのか

クレジットカードには銀行・独立系、信販系、流通系、消費者金融系など様々なカードがありますが、最も審査に通りやすいのは消費者金融系のクレジットカードです。

ただし延滞や遅延や多重債務あるいは債務整理などの金融事故の履歴がある人の場合には、一般的な人の審査とは別の基準によりカードの発行は難しくなります。

これは信用を失うようなことをしてしまった本人が悪いのですが、そのような人の場合にはその後お金に困って街金などの違法な金融業者からお金を借りてしまうことも多いようです。

そのような状態に陥らないようにするためには過去の自分を反省して優良なカード利用者を目指すことが重要になります。

借金返済に悩んでいるなら必ず債務整理を

借金をそのまま踏み倒すのは良くないです。債務整理という手段を含めて検討してみましょう。

ネットから簡単にできる借金減額診断シミュレーターでお試し診断を

しかし自分一人では借金返済のプランをシミュレーションするのは非常に難しいですよね。かといって専門家に聞くのも気が引けます。

そのようなときに役立つのが「借金減額診断シミュレーター」です。

このサービスはインターネット上でシミュレーションを手伝ってくれる優れもの。借入状況など3つの質問に対する回答を入力するだけで、すぐに診断結果を提示してくれます。

  • 診断料は無料
  • 名前は匿名記入でOK
  • 住所の入力も不要

気軽に相談して、借金をこれからどのように返していくかを、考え直してみてはいかがでしょうか。

>> 借金減額診断シミュレーターを試してみる

無料で弁護士に直接相談するなら

借金がかさんできてしまって、どうにもいかないと思ったときにはやはり専門家の助けが必要です。

弁護士なら、この点で必要なアドバイスを与えてくれます。今は無料で相談にのってくれる法律事務所がたくさんあります。そのうち無料相談をしてくれて信頼性の高いところを紹介します。

一押しはアヴァンス法務事務所

まずはアヴァンス法務事務所が一番のおすすめ。

アヴァンス法務事務所は借金を返済できる見込みが少なくなってしまった方が安心して相談できる法務事務所です。

Webで無料の相談も行っていますから、気軽にまずは相談してみるのは良いでしょう。

またアヴァンス法務事務所は相談料、減額報酬が0円で、任務整理費用は非常にわかりやすい明朗会計になっていますから、無用なトラブルを避けることが出来ます。

女性なら「債務Lady」がおすすめ

債務Lady

女性の方で借金返済の困っておられる方には債務Ladyがおすすめです。債務Ladyを女性におすすめできる理由は、まず女性スタッフが電話で対応してくれるという点。

同じ女性なら安心して相談することが出来るでしょう。また中には旦那さんには借金をしていることがバレたくないというケースもあるかもしれません。

そのような方たちのために、秘密は最善をもって守っていますから、ほかの家族の方に秘密で債務Ladyに相談することができます。

それに加えて、着手金がいらないのもメリットの一つ。気軽に無料相談をしてくれるので悩んでいる人はぜひ利用してみて下さい。

まずはクレカを持つ事を目標にする

審査に通らないブラックリストの状態になってしまった人の場合には、まずは自分は現在クレジットカードの審査に通らないブラックリスト状態なのだということをしっかりと認識することが必要になります。

「ブラックリスト入りでも審査に通るクレジットカード」などを熱心に調べている人なども多いようなのですが、まずはカードの種類には拘らずにとにかく何でもいいからカードを持つのだというところから始めてみましょう。

ブラックリスト状態の人であっても

  • 流通系カード
  • 楽天カード
  • アメックスカード

などの審査に通ったという口コミが多いようですし、また消費者金融系のクレジットカードならば比較的審査に通りやすいという体験談なども数多く集まっています。

過去に債務整理(自己破産や任意整理など)を行った場合には、その後クレジットカードを5年間作ることが難しくなります。

そして5年を経過すると履歴が消え、申し込みができるようになりますが、その場合にはクレヒスが全くない新規の状態から再開するのです。

まずは良質なクレヒスを積み重ねることを目標にする

クレヒスがないと特に年齢が高い人の場合には審査には通りにくくなるでしょう。

そのような人の場合にはまずは何でもいいのでカードを持つことから始めて、返済の履歴を重ねて自分のクレヒスを作ってから希望するカードに申し込むという方法をおすすめします。

このカードは、クレジットカード履歴(クレヒス)を積み重ねたいという人にとって一番おすすめできる1枚です。

また債務整理の履歴がある人であっても5年を経過する前にカード審査に通ることができる場合などもあるようです。

そのため審査に通りやすいカードを選んで試しに申し込んでみるという方法もあるのですが、確実にカードの審査に通りたいのであれば過去の債務整理の履歴が消えたことを確認してから申し込むようにすることをおすすめします。

個人情報についてはJICCやCICなどの個人信用情報機関に登録されていますので気になる人は確認してみてください。

申込みブラックと判断されるとその後はどうなるのでしょうか?

複数申し込みが原因でクレジットカードの審査に通らない「申込みブラック」と判断されると、その後は全てのクレジットカードの審査に通らない状態になります。

ただし申し込みブラックは一定の期間が経過すれば、ほとんどの場合には自然に解消されるようです。

クレジットカードに申込んだ履歴は信用情報機関に登録されるのですが、登録された申込みの履歴はその後半年程度が経過すれば自動的に抹消されることになります。

一度申込みブラックと判断されたとしてもその後新規の申し込みを控えて半年程度待つようにすれば、クレジットカードへの新規申込みが可能になります。

同時に何社以上に申込むと申込みブラックと判断されるのでしょうか?

申込みブラックと判断される基準については、クレジットカードを提供するカード会社によりそれぞれ異なりますし、さらに申込者の勤務先や勤続年数や年収の額などに左右されることになります。

実際に申し込んだ人の口コミなどから判断すると、半年以内に申し込むことができるクレジットカードの数は3枚~5枚程度が目安であり、それ以上になると申し込みブラックと判断される可能性が高くなるようです。

一度に複数のクレジットカードに申し込むと審査には通りにくくなりますので、クレジットカードには1枚ずつ申し込むようにしましょう。

審査に落ちてしまった場合には1ヶ月程度間を空けてから、次のクレジットカードに申込むようにしてください。

さらにキャッシング枠を外すことや0円に設定することなどにより、クレジットカードの審査に通りやすくなるかもしれません。

こちらのカードを確認だけでもしてみることをおすすめします。-->

申込む時は他のカードと一緒に申込む「多重申込み」はやめよう!

  • 「カードの利用でポイントがたまる」
  • 「会計の際のやり取りがスムーズになる」
  • 「カードのデザインが気に入った」
  • 「お得な入会特典が用意されている」

などのように、クレジットカードの申し込みを希望する理由は様々となっています。

近年では特にお得なクレジットカードが増えていますので、複数のクレジットカードに申し込んでみたいと考える人が多いようです。

ただし安易に複数のクレジットカードに申込んでしまう、つまりは多重申込みが理由で審査に通らない「申し込みブラック」の状態になりますので、クレジットカードへの申込みはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう。

それではなぜ複数のクレジットカードに申込むと、審査に通らなくなってしまうのでしょうか。

また一度申込みブラックと判断されてしまうと、その後はずっと審査には通らなくなってしまうのでしょうか。

今回は申込みブラックと判断される理由と、クレジットカードの審査に通過するための対策について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

多重申込みが審査に及ぼす影響はカード会社ごとに異なるようです!

多重申込みがクレジットカードの審査に及ぼす影響については、カード会社ごとに異なります。

必ず審査に落ちてしまうというわけではなく、多重申込みについて厳しく判断するカード会社もあれば、一方で多重申込みについてはあまり重視しないカード会社などもあるようです。

さらに申込者の属性情報により、カード会社の判断はそれぞれ異なります。

同時申込みの件数が同じであったとしても、勤務先や勤続年数や年収などの条件が有利であれば審査に通過できる可能性が高くなりますし、不利であれば審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

実際に審査に落ちてしまうかどうかについては、あくまでもカード会社の判断と申込者の属性情報により決定されることになります。

ただし短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合には、カード会社は通常よりも審査を慎重に行うことになりますので、結果として審査に落ちやすくなってしまうのです。

なぜ多重申込みで審査に落ちやすくなってしまうのでしょうか?

複数申込みをすると審査が厳しく行われることについては、以下のような理由があげられます。

  • 申込みの履歴が信用情報機関に登録されるため
  • 審査基準により多重申込みそのものを認めていないため
  • お金に困っているのではないかと警戒されるため
  • 入会特典目当てではないかと判断されるため
  • 総量規制による制限の対象となるため

さらにその他の理由により審査に落ちてしまう場合などもありますが、ほとんどの場合には上記のいずれかに該当することになります。次はそれぞれの理由について、詳細をチェックしてみましょう。

申込みの履歴が信用情報機関に登録されるため

クレジットカード所有者に関する各種の情報は、信用情報機関である

  • CIC
  • JICC
  • 全銀協

などにおいて登録や管理が行われています。

日本国内に存在する様々な金融機関はいずれかの信用情報機関に加盟していますので、クレジットカードやカードローンや一般ローンなどの契約内容や利用履歴などは情報の照会を行うことですぐに判明します。

さらにCIC・JICC・全銀協の各信用情報機関は情報交流ネットワーク(CRIN)により接続されていますので、各個に登録された情報はすべての信用情報機関で共有されることになります。

例えばクレジットカード会社がCICに登録されている場合には、申込みの履歴などはCICに登録されることになるのですが、同時にJICCや全銀協においても情報が共有されます。

審査を行うカード会社には申し込みに関する情報がすぐに伝わり、特に直近の半年間で複数のクレジットカードに申込んでいる人審査に通過することが難しくなります。申し込みの件数が多ければ多いほど審査は厳しく行われるため、クレジットカードの審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。

審査基準により複数申込みそのものを認めていないため

クレジットカードを提供するカード会社の一部では、複数申し込みそのものを最初から認めていません。

カード会社の公式ホームページには申込み条件が提示されているのですが、「短期間に多数の申し込みをいただいた方については当社の基準によりお見送りさせていただきます」としているカード会社なども存在します。

複数申し込みについては厳しく判断するカード会社が増えていますので、くれぐれも注意をしてください。

お金に困っているのではないかと警戒されるため

複数のクレジットカードに申込む人の中には、多重債務で資金繰りに困っている人や、実質的な返済不能の状態に陥った人などが多いようです。

クレジットカードを発行するカード会社では貸し倒れの発生を警戒していますので、お金に困っていると判断されると審査に通過することは難しくなります。

入会特典目当てではないかと判断されるため

ギフトカード○○円分プレゼント!」「新規入会で最大○○円キャッシュバック!」などのような、様々な入会特典を提供するクレジットカードは近年増えています。

これらの入会特典は新規利用者を獲得することが目的であり、カード会社ではある程度の費用がかかったとしても利用者が増えれば十分な利益が得られると考えています。

カード会社ではクレジットカードの年会費や加盟店からの手数料や利用者が支払う金利手数料などにより利益を得ていますので、入会した人がカードを使わなければカード会社は利益を獲得することはできません。

カード会社では入会した人がカードを利用することを前提として、各種の特典を提供しているのです。

カード会社が明らかに特典が目当てだと判断した場合には、クレジットカードの審査に通過することはできません。

複数のカードに申込む人の中には入会特典が目当ての人が多いため、複数申込みの人に対しては審査が厳しく行われることになります。

総量規制による制限の対象となるため

総量規制は貸金業法という法律に基づく規則であり、借入が可能な限度額は最大で年収の3分の1までに制限されることになります。

貸金業法は消費者金融などが提供するカードローンなどに対して適用されるのですが、同時にクレジットカードに付帯するキャッシング枠に対しても適用されます。

カードローンの利用などにより総量規制の制限の対象になると、クレジットカードの審査に通過することは難しくなります。

そのような場合にはキャッシング枠を0円に設定することや、キャッシング枠を外すことなどにより、クレジットカードの審査に通過することができるかもしれません。

裏ワザ?海外旅行でどうしてもクレカが必要という方におすすめなのが『デビットカード』

元ブラックの状態から将来的にクレジットカードを作るためには、まずはクレヒスを作ることが重要です。そのためにはまずこちらのカードを発行してクレヒスを積み上げることを再三説明させていただきました。

しかし最近、『海外旅行に行くためにどうしてもクレカを作っておきたい』というご意見を多く頂いております。

上記カードはマスターカードなのでもちろん海外でのショッピングやキャッシングに使うことが出来ます。

しかし、海外旅行に行く際にはだけでは不安な点、あまりおすすめではない点もあります。

キャッシングのレートが良くない

最近は海外に出ていても、ほとんどの国の街角にあるATMで現地通貨を引き出すことが可能です。

現金を持ち歩くよりはるかに安全であるため、多くの方が現地通貨を手に入れるためにクレカのキャッシング機能を利用しています。この際に気をつけたいのがキャッシングの際の現地通貨レートです。

海外キャッシングは使うカードによりレートや手数料などが違います。上記カードはハッキリ申し上げて海外で使うにはあまり有利なカードではありません。

紛失や使用不可のケースでお金が使えない

私が海外旅行する際にもよくあることなのですが、クレジットカードは使用する店舗などによって使えないことがよくあるのです。

これはカードのランクや種類が良い・悪いというたぐいの話ではなく、相性の問題です。

こっちのお店では使えたけど、こっちのお店では使えない、そういう事はよく起こるのです。また、一枚カードを紛失した場合の保険としての意味合いも含めて、海外旅行時には最低でもクレカは2枚以上持っておく方が安心です。

ではどのカードを作ればいい?

さて、そうは言っても、現在カード発行が難しいという方におすすめできるカードはこちらのカードだけです。ではどうすればいいのでしょう?

こういう方におすすめなのが『デビットカード』です。

デビットカードはクレジットカードと銀行キャッシュカードの中間のような存在のカードで、クレジットカードと大きな違いはご利用枠=銀行預金額という点になります。

海外旅行時などクレカと同様に使える上に、審査が必要ありません

じゃあ、クレカより良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらデビットカードではクレヒスが記録されません。

なので国内での普段使いにはやはり上記カードがおすすめなのですが、海外利用時に使うための補助的なカードとしてデビットカードを作ってみることをおすすめしています。

海外利用時に便利なデビットカード

デビットカードもクレジットカード同様、様々なものが発行されています。今回その中で、『海外旅行』で使うことを前提におすすめのカードを2枚紹介致します。


●HIS World Cabit(ワールドキャビット)
worldcabit


●Knt! Travel Cash
kntcash

こちらの2枚、HIS World Cabit(ワールドキャビット)が「スルガ銀行とHIS」、Knt! Travel Cashが「スルガ銀行と近畿日本ツーリスト」との提携するデビットカードです。

旅行会社の発行するカードということもあり、旅行時に便利な特典も多く、キャッシングレート的にも他よりかなり有利です。

さて、こちらの2枚のうちどちらがいいのか?という話ですが、正直どちらでもいいと思います。

使用感、条件などほぼ同様のカードですので、単純に見た目で選んでもいいくらいでしょう。

日本国内ではこちらのカードをメインに使い、海外旅行時には「HIS World Cabit(ワールドキャビット)」もしくは「Knt! Travel Cash」をメインにして使う。

元ブラックの方へ、こんな提案はいかがでしょう?

審査:無し
対象年齢:15歳以上
年間手数料:0円
ブランド:Visaカード

カードの詳細についてはこちらをご確認下さい。

●HIS World Cabit(ワールドキャビット)詳細へ
●Knt! Travel Cash詳細へ

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.