生活保護を受給していてもクレジットカードの利用ができる場合もあります

150619
生活保護の受給をしている人の場合にはクレジットカードやキャッシングやカードローンなどは全て利用できないという意見があるのですが、実際にはどうなのでしょうか。

クレジットカードやキャッシングやカードローンなどの利用が違法であれば受給している生活保護を打ち切られられてしまうことになりますが、生活保護について規定している「生活保護法」を詳細に確認してみてもその中に借金をすることは違法だという記載はありません。

ただし借金を含んだ収入の変化や支出の変動がなどがあった場合には届ける必要があるとされていますので、クレジットカードやキャッシングやカードローンなどの利用が違法であると考える人たちはこれを根拠としているようです。

生活保護は基本的に「生活に困っている人」を対象としていますので、クレジットカードやキャッシングやカードローンなどの利用は最初から想定外なのです。

それでは生活保護を受給している人はクレジットカードの利用ができるのかというと、やはりできるだけ利用は控えることをおすすめしたいと思います。役所の判断によってはクレジットカードの解約を求められるケースなどもあるようです。

例えばインターネットの利用料金などについては再就職のために必要な費用として認められる場合もあるようですし、またパソコン本体の購入費用なども同様に判断される可能性があります。

しかしこれらについても役所や担当のケースワーカーの判断次第ということになりますし、また再就職などとは無関係な個人的な買い物などにクレジットカードを利用することはほとんど認められないようです。

これらについては役所の判断に従うしかありませんので「仕方がない」と考えるようにしましょう。生活保護を受給している人のクレジットカードの利用については「クレジットカードを持っていることは問題ないが、利用をすると解約を求められる場合がある」ということになります。

ただし実際にはクレジットカードの利用をしても自己申告しない限りはほとんどの場合にはバレないようです。クレジットカード会社などは共通の信用情報機関を利用していますのでこれに紹介することで利用の状況などを簡単に確認することができるのですが、役所の場合にはこれを利用することはできませんのでクレジットカードの利用履歴を確認することはできないのです。

ですから使っていても「使っていないフリ」をしてこっそり使ってもおそらく大丈夫でしょう。ただし公共料金の引き落としなどにクレジットカードを使ってしまうとそこからバレてしまうという可能性がありますので注意してください。今回は生活保護の受給をしている人におすすめのクレジットカードについて解説したいと思います。

生活保護の受給者でもクレジットカードに申し込むことができます


生活保護を受給している人の場合でもクレジットカードに申し込むことはできます。ただし申込書の職業欄などに「生活保護受給」などと記載してしまうとほぼ100%審査に通過することはできません。

生活保護については年金と比較されることもあるのですが、クレジットカードの審査においては全く別のものであると判断されます。年金については本人が生存している限り確実に受け取ることができますので、審査の際にカード会社は「安定した収入」であると判断されるのです。

一方の生活保護は生活に困窮した人に対する一時的な支給になりますので「安定した収入」には該当しません。クレジットカード会社が重視する「安定した収入」の条件を満たさないため、生活保護の受給者は審査に通過することができないのです。

クレジットカードは代金後払いで商品の購入ができることが大きなメリットなのですが、カード会社は常に貸し倒れのリスクを警戒する必要があるため、「安定した収入」が期待できない人に対してはカードの発行を行わないのです。

生活保護の受給者におすすめのクレジットカードは


このように生活保護の受給者の場合にはクレジットカードを持つことは難しくなってしまうのですが、だからといって「生活保護の受給者は絶対にクレジットカードを持つことができない」というわけではないのです。

クレジットカードの審査基準はカード会社ごとに異なります。最も審査が厳しくカードを持つことが難しいのは銀行系や独立系のクレジットカードです。その後信販系、流通系と続いて、審査の難易度が低めで比較的審査に通過しやすいのが消費者金融系のクレジットカードなのです。

以前は様々な消費者金融系のクレジットカードを利用することができたのですが、現在利用することができる消費者金融系のクレジットカードは「アコムACマスターカード」(三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが提供しています)のみとなっています。

生活保護の受給者がクレジットカードに申し込むのであれば、最も審査に通りやすい「アコムACマスターカード」を選ぶのが正解です。審査なしで利用できるVISAでビットカードを選択するという方法もあるのですが、デビットカードについてはクレジットカードとは異なる様々なメリットやデメリットがありますので注意が必要になります。

またデビットカードを利用してもクレジットカードの利用履歴(クレヒス)を作ることはできませんので、この点からもあまりおすすめができないのです。

カード会社への報告については自己責任で判断してください

無職になった場合などに、そのことをカード会社に伝えた方が良いのかわからず悩んでいる人も多いようです。クレジットカードには利用規約があります。

転職などで職業が変わった場合には報告の義務があるとされていることが一般的です。この時に転職をしたのであれば問題はないのですが、失業などによって無職になってしまった場合には利用を停止されてしまう可能性があります。

また中には在職確認のために勤務先に定期的に連絡をするカード会社などもあるとされています。このような理由により報告をしないと「バレて」しまうと解説しているサイトなどもあるのですが、実際にどうなのかについては利用者の判断に任せたいと思います。

私の知っている限りでは、カードの取得後に在籍の確認があったという話は聞いたことがありません。クレジットカード会社は数百万人の顧客を抱えていますので、わざわざコストをかけてカード取得後の在籍確認を行うということは考えにくいのです。

返済などを滞らせてしまえば別ですが、確実な返済を行っていれば特に問題などは発生しないのではないでしょうか。無職になった場合のカード会社への報告についてはくれぐれも自己責任で判断するようにしてください。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ