クレジットカードが利用停止になってしまった場合にはどのような手続きが必要なのでしょうか?

150625
クレジットカードの利用が停止されてしまった場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか。

これについては様々な原因が考えられるのですが、最も多い理由としては「限度額のオーバー」と「支払の延滞」があげられるはずです。

「ショッピング枠」「キャッシング枠」の両方をあわせたものがクレジットカードの利用限度額です。これはカード会員ごとに設定されることになります。

設定限度の範囲内であればカード会員は自由にカードを利用して買い物ができるのですが、設定された限度額をオーバーしてしまうとカードは利用停止になってしまうのです。

またカード会社が設定した支払日(代金引落としの日)に支払いができない場合には延滞となってしまいます。銀行残高が不足して引き落としができなかった場合にも利用停止となりますので注意が必要です。

今回は「限度額のオーバー」と「支払の延滞」のそれぞれの場合について、利用停止となった場合に利用を再開するための方法やそのために必要な期間などについて詳しく解説したいと思います。

利用停止になってしまった場合の再開の方法やそのために必要な期間について


「限度額のオーバー」による利用停止の場合


利用限度額をオーバーしてしまったことによる利用停止の場合には、次の支払日に利用料金の引き落としをすることで利用額が限度額よりも低くなれば停止が解除されることになります。

また次の支払日を待たなくても繰り上げ返済などを行えば同様に解除が可能です。いずれにしてもカード会社が入金を確認すればその後カードの利用が再開されることになります。

またできるだけ早めに利用を再開したいという場合には、事前にカード会社に連絡をしてから繰り上げ返済を行うという方法がおすすめです。ただし繰り上げ返済を行うと振り込み手数料が必要です。

「支払の延滞」による利用停止の場合


支払を延滞してしまったために利用停止になってしまった場合にはカード会社が指定する口座あてに入金を行うか、あるいは自分の利用している銀行口座に入金をして再度引き落としの手続きをしてもらうということになります。

どちらの方法の場合でもカード会社の入金確認後にカードの利用が再開されることになります。こちらの場合についても事前にカード会社に連絡をしてからカード会社が指定する口座に入金するという方法がおすすめです。

カード会社が指定する口座への入金のためにはやはり振り込み手数料が必要になります。

どのぐらいの期間で利用を再開できるのでしょうか


それでは実際に利用再開の手続きを行った場合には、どの程度の期間で利用を再開することができるのでしょうか。

カード会社が入金を確認してから利用の再開までに必要な期間についてはそれぞれに異なりますので、具体的に必要な期間について断言することはできないのです。カード会社によっては入金から数時間で利用が再開できるようですし、一方で利用の再開まで数日が必要になるカード会社もあるようです。

実際にどの程度の期間が必要なのかを知りたいということであればカード会社に直接電話をして確認することが最も確実でしょう。

各カード会社ではリアルタイムで入金を監視しているというわけではなく、それぞれのシステムによって一定の頻度で情報の更新を行っています。そのためシステムの更新の頻度によっては、入金してからそれをカード会社が確認するまでに時間がかかってしまうこともあるのです。

またカード会社では一定の期間でシステムの入れ替えなどを行っていますので、同じカード会社であっても時期が異なると再開までに必要な期間が異なることになるかもしれません。

延滞で利用停止になると別のカードも利用停止になるのでしょうか?

延滞で利用停止になったからといってすぐに他のカードが利用停止になるということはないでしょう。

延滞に関する情報は「個人信用情報機関」を通して各カード会社が共有していますので、登録されなければ延滞の事実が他のカード会社に伝わる心配はないのです。

ただし延滞が長期間になったり、また延滞の頻度が多かったりして悪質だと判断されてしまうと個人信用情報機関に登録されることになります。

そうなると延滞をしたことが他のカード会社に伝わってしまう場合がありますのでくれぐれも注意してください。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ