買い物したいけれども枠が…こんなときその場ですぐ限度額を上げてもらえるの?

利用実績が良好なら増枠の可能性あり


クレジットカードに申し込むと、それぞれに利用限度額が設定されます。中には今の利用限度額では思うようにショッピングできないと感じている人もいるでしょう。その場合、条件次第では利用限度額の増額に対応してもらえる可能性があります。ただし誰もが申し込めば増枠されるわけではないです。

ポイントを貯めることができるクレジットカードを使っていると、ポイントが貯まるのが楽しくてカードを利用する機会が多くなったりします。趣味の買い物から公共料金の支払いなどにまでカードを使っていると、利用限度額が足りないと感じることが増えるかもしれません。

クレジットカードの限度額を引き上げるためには、良好な利用実績が必要です。クレジットカードを利用して、期日までに代金を支払う、これを繰り返して実績を積み重ねていきましょう。カードを使っていないと実績が積み重ならないので、増枠にはなかなか対応してもらえません。

利用実績を積むことをカード業界では、クレジットヒストリーといいます。クレジットヒストリーですが、少なくても半年程度の実績は必要だと思ってください。半年以上利用実績が良好で、10万円単位で増額されることが多いです。

利用限度額を使い切ってしまった場合には、しばらくカードを使わずに返済に専念すればそのうちに利用枠が復活するのですが、「それまで待てない!」「今すぐカードを使いたい」という人などもいるでしょう。そのような場合には、利用限度額の引き上げにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。今回はクレジットカードの利用限度額を引き上げるための方法について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

クレジットカードの利用限度額を引き上げるための方法は?

利用限度額を引き上げるためには、様々な方法を利用することができます。今回の解説を参考にして、クレジットカードをより効果的に活用してみてください。

利用限度額とは?

クレジットカードの利用限度額を引き上げるための方法を検討する前に、まずは利用限度額について確認してみましょう。利用限度額がどのようなものなのかがわからなければ、利用限度額を引き上げるための方法を確認しても意味がありません。よくわからないという人は、まずは利用限度額とは何なのかを確認することから始めましょう。なんとなくわかるという人も、さらに理解を深めるためにチェックしてみてください。

2種類の方法を利用することができます!

クレジットカードの利用限度額を引き上げるための方法としては、主に2種類の方法を利用することができます。

恒久的な利用限度額の引き上げの方法は?

一度引き上げた利用限度額がそのまま継続するのが、恒久的な利用限度額の引き上げになります。今の利用限度額に不足を感じる人や、毎月のクレジットカードの利用額を増やしたい人などは、恒久的な利用限度額の引き上げを検討してみてください。ただし審査については、かなり厳しく行われることになります。

一時的な利用限度額引き上げの方法は?


引っ越しや海外旅行など、一時的な支出の増加に対応するために利用限度額を引き上げたいのであれば、一時的な利用限度額の引き上げが適しているといえるでしょう。一時的な利用限度額の引き上げであれば、多くのカード会社では比較的柔軟な対応が期待できますので、利用限度額を手堅くアップさせることができるでしょう。

利用限度額の引き上げが認められるためには?


恒久的な利用限度額引き上げの方法でも、一時的な利用限度額引き上げの方法でも、いずれの場合にも利用限度額の引き上げが認められるためには審査を受けて、これに通過することが必要になります。利用限度額の引き上げが認められるためには利用履歴が優良であることが条件となりますので、過去数年間の間に延滞や債務整理などの履歴がある人の場合には審査に通過することは難しくなります。恒久的な利用限度額の引き上げが認められるためには、少なくとも1年以上の優良な利用履歴が必要だと考えてください。

利用限度額引き上げを申し込む場合の流れは?

利用限度額の引き上げを希望する場合には、クレジットカードを提供するカード会社のコールセンターに電話をして、オペレーターに利用限度額引き上げの申し込みをしましょう。その後審査が行われ、審査に通過できれば利用限度額の引き上げが認められることになります。申し込みの際にはオペレーターから、以下のような項目について質問されることが多いようです。

  • 恒久的な引き上げを希望するのか?一時的な引き上げを希望するのか?
  • 具体的にはどのぐらいの金額までの引き上げを希望するのか?
  • 利用限度額の引き上げを希望する理由は?

質問についてはありのままを素直に回答すれば問題ありませんので、緊張せずにリラックスをして丁寧に回答することを心がけてください。近年ではインターネットのホームページにログインをして、会員ページから利用限度額の引き上げを申し込むことができるクレジットカードなども増えていますので、電話で話をするのが苦手な人は積極的に活用してみてください。

5万円や10万円のような限度額が少ない人の引き上げは?

バイトなどで利用限度額が5万円とか10万円にとどまっている人もいるでしょう。このような人は、増枠を申請しても無理ではないかと思うかもしれません。しかしクレジットカードの体験談などを見てみると、10万円から30万円に利用限度額が引き上がったケースもいろいろと報告されています。

ただし30万円以上の枠を持っている人と比較すると、増枠は厳しくなります。増枠も当然と相手に思わせるような説得をすることが大事です。増枠を申し込むにはそれなりの理由があるはずです。そこで申し込むときに事情を説明することです。その動機が切実であれば、増枠に比較的柔軟に対応してくれることも多いです。たとえば学費とか医療費といった感じであれば、けっこう増枠に対応してもらえるといいます。


その他には、返済をきちんとできることをアピールすることも大事です。例えば仕事をきちんとしているとか、生活費の節約のためにこんなことをしているといった点です。増枠の交渉は、いかにカード会社を説得できるかと一緒です。相手が増枠に納得してもらうためには、どのようなことをアピールすべきかを考えてみましょう。

利用限度額の引き上げが認められるためには審査に通過することが必要になります!

利用限度額の引き上げについては、申込んだ人のすべてが認められるわけではありません。クレジットカードでは利用者の信用に基づいて支払いの後払いなどが認められますので、カード会社では利用限度額の引き上げの申し込みがあった場合には、審査を行って返済能力を慎重に確認することになります。

一時的な利用限度額の引き上げであれば比較的審査には通りやすいのですが、恒久的な利用限度額の引き上げの場合には審査はかなり厳しく行われますので、審査に通過するためには優良な利用履歴やある程度の収入などが必要になります。

利用限度額引き上げの審査の難易度は?


クレジットカードを利用する機会が多い人の場合には?


クレジットカードをコンスタントに利用していて、定期的な利用をして確実な返済をしている人の場合には、利用履歴が1年以上であれば利用限度額の引き上げが認められる可能性が高くなります。優良な利用履歴があれば審査の際には有利になりますが、さらに少しずつ段階的に利用限度額の増額を申込むようにすれば、より確実に審査に通過できるのではないでしょうか。リボ払いや分割払いなどを利用していて利用残高が多い人の場合でも、延滞などをせずに確実に返済を続けていれば、利用限度額の引き上げが認められることが多いようです。

クレジットカードを利用する機会が少ない人の場合には?


クレジットカードを利用する機会が少ない人の場合には、利用限度額の引き上げを認めてもらうことが難しくなります。特にカードを使い始めてから半年未満の人は、ほとんどの場合には利用限度額の引き上げを申し込んでも認められないようです。利用限度額の増額の審査では申込者の信用が判定されるのですが、カードを使い始めたばかりの人の場合には利用履歴がわずかしか存在しないため、信用の判定そのものが困難になってしまうのです。利用限度額の引き上げを希望するのであればまずは確実な返済の履歴を積み重ねて、一定の信用を獲得してから申し込むようにしてください。利用限度額の増額を認めてもらうための目安としては、1年以上の優良な利用履歴を有することが条件となります。

お金に困ってしまう前に利用限度額の増額に申込むようにしましょう!
利用限度額の引き上げを希望する人の場合には、様々な事情でお金に困っていることが多いようです。ただしクレジットカードの返済が困難になってしまった人の場合には、すでにクレジットカードのキャッシングやカードローンなどからの借り入れを利用していることが多く、利用限度額の引き上げを申んでも審査に通過することは難しくなります。

審査では申込者のクレジットカードの利用履歴や、カードローンや一般ローンなどの利用状況が確認されることになりますので、お金に困ってしまう前の利用状況が良好な時点で利用限度額の増額を申し込むようにしてください。

一時的な増枠には柔軟に対応してもらえる
恒久的な増枠に関しては、クレジットカードの入会と同じ与信審査が実施されます。このため、すぐ限度額が引き上げられることは少なく、数日・数週間は待たないといけません。しかし例えば海外旅行をしたとか、大型の家電を購入したなどで一時的に出費が大きくなって、カードの限度額を使い切ったとします。そしてまたカードを使う必要が出た場合、一時的に限度額を引き上げるのは比較的簡単です。


一時的に利用限度額を引き上げるのは、電話もしくはインターネットから申し込みできます。この時必要な引き上げ額と用途、期間などを説明する必要があります。臨時の引き上げはスピーディに行ってくれるので、困った時にはカード会社に相談することです。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ