カードがないと生活が不便にならない?

20151017

クレジットカードをもった生活に慣れてしまうと、カードのない生活は不便に感じてしまうかもしれません。

しかし、日常生活においてカードが必要であることはほとんどありません。スーパーやコンビニでの買い物はもちろん現金払いでいいですし、光熱費等の支払いも口座引き落としですみます。

最近ではネット通販も盛んですが、クレジット決済以外にも着払い、コンビニ払いがあります。ネットバンクの利用も近年増えてきています。

なかにはクレジット決済のみというところもあるでしょうが、ほんとうにそこまでして必要な買い物・取引でしょうか。よくよく考えてみたら不必要なものかもしれません。

それでも現金は持ち歩きたくない、カード決済したい、というのであれば、たとえばデビットカードのように銀行口座の預金があれば作れるキャッシュカードもあります。

クレジットカードはたしかに便利ですが、その便利さゆえに無駄遣いが増えてしまいがちです。

お金がなければ物は買わない。「月末になって家計が厳しい」しかし、カードがなければごまかしは利きませんから、そういうときは、節約できる体質を作るしかないのです。

お金が貯まる人というのはクレジットカードを嫌う傾向にあるそうです。お金の重み、大切さを知っているからこそ、一時の快感に惑わされず、身の丈にあった生活をする。その結果、お金が貯まるのです。

【番外編】クレジットカードなしで海外旅行に出かけるとこんなことに困る!?

海外旅行に出かけるときは適したクレジットカードを作ってから出発しよう!

以前にもまして海外旅行に出かけやすくなり、友人や家族、恋人と一緒に海外旅行を計画している方もいるでしょう。

もちろん現金やパスポートなどの準備も大切なのですが、クレジットカードを用意しておくことも忘れないようにしたいところです。

クレジットカードの審査になかなか通らない、個人情報の流出や悪用、不正利用が怖いからクレジットカードは持っていきたくない…。そんな様々な理由からクレジットカードを持たずに海外旅行に出かけようとしている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、なにかと不便な点が多かったり、不都合なことが起こる可能性も考えられるので、海外旅行に出かける前にクレジットカードを作成することを強くオススメします。

ここではその理由について紹介していきます。

現金を持ち歩くリスクを軽減


クレジットカードを持たずに海外旅行に出かけた場合、基本的に支払いは全て現金払いとなります。国内なら特に不便に感じないと思いますが、海外だと話は別です。

基本的に大量の現金を持ち歩くのはかなりリスクが高いです。日本では置き引きやスリなどはあまりありませんが、海外だと驚くほど狙われやすくなります。もちろん旅行先にもよるのですが。

ですので、まとまった現金を持ち歩くのはあまりオススメできません。クレジットカードを持っていれば、現金を持ち歩かなくても買い物やサービスの支払いができるようになるのでこれらのリスクを大幅に軽減させられます。

お金を用意する手間を省ける


上記した内容と若干共通しているのですが、まとまったお金を持ち歩かないようにするためにはこまめに両替をしたり、お金をおろすことになります。これが思いのほか手間になるんですね。

クレジットカードなら現金を持ち歩く必要がなく、チップくらいの少額のお金を持っていれば十分なことが多いです。

また現金支払いでしか対応していないお店があったら、クレジットカードのキャッシング枠を利用すれば手軽に現金が用意できるのも大きなメリットになってきます。

クレジットカードの海外保険が魅力


ほとんどのクレジットカードには海外旅行傷害保険、盗難保険などが付帯されています。これが海外旅行でとても心強い存在になってくれるでしょう。

万が一盗難に遭ってしまった時の保証はもちろん心強いのですが、何よりも医療費の問題が大きいように感じます。

日本のように3割負担の支払いで医療が受けられる、というわけではないため、万が一海外旅行中に病気になってしまった時は多額の支払いを覚悟しなくてはなりません。

クレジットカードによってはこのようなタイミングで利用できる保険が付帯されていることもあります。

クレジットカードを持たないで現金主義で海外旅行に出かけるとこれらの保険が一切受けられないため、自分自身で何かしらの保険に加入しておかなくてはなりません。

空港などで短期間の保険に加入することもできますが、コストパフォーマンスなどを考えるとクレジットカードの方が優秀だといえます。

ホテルやレンタカーはカード提示が一般的


海外旅行先にもよるのですが、ホテルのチェックイン、レンタカーの利用などは基本的にクレジットカードを提示しなくてはなりません。これが身分証明になり、同時にその人の信用を証明するからです。

もしもクレジットカードを持っていなかった場合、仮に現金を前払いで支払ったとしても、十分な信頼が受けられず、何の保証が無い、という理由から断られてしまうケースは案外珍しくありません。

ホテルやレンタカーだけでなく、これら以外でもカードの提示を求められる場面は多々あります。日本国内で言う運転免許証での身分証明に近い感覚でクレジットカードが利用できます。

まとめ

このように、海外旅行に出かけるときはクレジットカードは必須アイテムだと言えるでしょう。

どのようなクレジットカードを選ぶべきなのか、については基本的にマスターカードやVISAカードといった世界中で利用できるカードを選ぶのが良いと思います。

中には海外旅行に特化したクレジットカードなども存在していますが、頻繁に行かないのであれば国内で利用するのに便利なものを選べば良いと思います。

申込みする前に、各クレジットカードの保証内容を比較・確認した上でどれを選ぶのがベターなのかよく考えてみましょう。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ