クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレカの種類とブランド

法人用クレジットカードのメリットや使うべき場面は?

更新日:

20151018

クレジットカードは個人が使うもの、というイメージが強いですが、法人用クレジットカードは必ずと言っていいほど各カード会社が用意しています。

従来だと資金を集めるためには銀行などの金融機関から融資を受ける、それが難しいならビジネスローンを利用するのが一般的でした。それも会社を設立したばかりだと信用を作るのが難しいので融資が受けられないケースは結構多いです。

これらを理由に需要を集めているのが「法人用クレジットカード」なんですね。そういうことで今回は法人用クレジットカードのメリットをはじめとした特徴などを紹介していきたいと思います。

法人用クレジットカードのメリットとは?

まずは法人用クレジットカードの持つメリットから紹介していきたいと思います。

経費の精算に使える

法人用途ついているくらいですので、当然経費の精算に利用することができます。個人用のクレジットカードで精算してから後で計算し直すのはかなり手間。場合によっては経費として認められない可能性すら出てきます。

しかし法人用クレジットカードならこういったリスクを抑えられますよね。出張費、接待費といった経費に含まれるか微妙なラインのものも法人用クレジットカードで精算している、という事実があれば経費扱いしやすくなるでしょう。

実際の支払いは1ヶ月後

通常のクレジットカードと同じように、法人用クレジットカードを利用した場合も実際に支払うのは1ヶ月後になります。

つまりカード会社が1ヶ月間は立て替えてくれるというわけです。そうなると今すぐ現金を用意しなくても大丈夫な状況が生まれるため、資金の使い方に幅が出るでしょう。

社員一人ひとりの利用状況を細かく確認できる

法人用クレジットカードは全ての利用明細が経理に届くことになります。となると、社員一人ひとりの経費などを細かくチェックできるのはなかなか魅力的です。

例えばどういった交通機関を利用したが、どういったお店を利用したのか、きちんと予算内で支払いを済ませているのか…といったことが簡単に把握できます。

福利厚生にも役立つ!

法人用クレジットカードの大きなメリットのひとつとして挙げられるのが「福利厚生に役立つ」ということです。

というのは、カードによっては空港のラウンジを無料で利用できるサービスなどが付帯されているものもあります。こういったものを社員一人ひとりが理解していれば福利厚生に寄与できますね。

ポイントも貯まる!

法人用クレジットカードといえども、ポイントプログラムを用意しているところがほとんどです。

一般のクレジットカードと同じように使ったら使った分だけポイントがどんどんたまっていくので、これを有効活用できるのは嬉しいですよね。

経費の削減にもつながりますし、貯まったポイントを使ってみんなで飲み会に行くのも良いかもしれません。

法人用クレジットカードを手に入れるには?

法人用クレジットカードは会社の代表者が申込みすることになります。無事に審査をクリアできれば、役員や社員など個別にカードを発行できるようになります。

必要な書類は申込み書、登記・謄本といったものになってきます。これらを事前に用意しておくとスムーズですね。カード会社によっては四半期の決済書が必要になることもあるようです。

利用限度額を個別設定できる

社員がカードを使いすぎないか心配だ!という意見もあるでしょう。ほとんどの法人用クレジットカードは全体、部署、社員など単位ごとに利用限度額を設定することができます。

大体100万円くらいが上限になっているので、これよりももっとたくさん利用することが予想される場合は複数枚申し込んでおいたほうが良いかもしれませんね。

-クレカの種類とブランド

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.