docomoの分割払いの審査落ち…ほかでも審査クリアは無理?

150203b
債務整理などをして、ブラックリストに入ると5年間はローンもクレジットカードの利用はできなくなると思っておくべきです。

そして5年経過すればブラック情報が個人信用情報から消えるので、ローンやクレジットカードの利用も可能にはなります。

しかしブラック明けの直後は、5年間まったくクレジットカードもローンも利用していなかったので真っ白の状態です。

このようなホワイトの人も、前に債務整理をしたのではないかと思われ、ローンやクレジットカードの審査をそのまま受けてもクリアできない可能性が高いです。そこで携帯電話の分割払いを使って、クレヒスを作るという方法がおすすめです。

クレジットカードの審査よりも甘い?


クレジットカードをホワイトの人がいきなり持つ前に携帯の分割払いを使ってクレヒスを上げた方がいいというのは、審査も関係しています。クレジットカードと携帯電話の審査を比較すると、携帯電話の分割審査の方が圧倒的に甘いからです。

カード会社の場合、個人信用情報に延滞を意味するAがついていると審査は厳しくなります。多くついていればついているほど、審査をクリアできなくなる恐れが高まります。中には一つでもAがあった時点で、審査非承認としてしまう所もあるといわれています。

ところが携帯電話の場合、個人信用情報にAがついていても審査を通すケースが多いです。他にも大量に携帯電話の契約をしようとしていないかとか、悪質な延滞を自分の所でやったことはないかくらいはチェックします。そして問題がなければ、多少個人信用情報に問題があっても審査を通してしまうのです。中には個人信用情報が真黒な人でも審査に通ったケースもあります。

携帯電話のキャリアは、それぞれ顧客を獲得するために、し烈な競争を繰り広げています。そこで少しでも自分たちの顧客を増やすために、多少問題があっても審査を通す傾向があります。ですからいきなりカードの審査に挑むよりは、元ブラックの人はワンクッション携帯電話の分割払いを入れた方がいいわけです。

携帯電話の分割払いの審査に落ちる理由


携帯電話の分割払いの審査が甘いといっても、ザルではありません。一定の条件に該当する人は、分割払いを断られる可能性もあります。携帯の分割払いで断れる事例を見てみると、主だった理由は以下のようになります。

まずは、申し込みをしたキャリアで支払い状況がほとんど守られていないケースがあります。また他者で滞納や強制解約の過去のある人も審査をクリアできない可能性が高いです。またNMPの特典欲しさに即時や短期解約を繰り返している人も審査非承認となりやすいです。さらに短期間で不自然なまでの追加契約をしているとか、カードを持っていてリボ天状態にある人も審査に落とされる可能性は高いです。

もしこのような理由に心当たりのある人は、どのような携帯のキャリアでも審査を通すのは難しいといわざるを得ません。docomoがダメでも、auなら可能性があるということはありません。

ただしもしかすると、上で紹介した理由以外で審査に引っ掛かる可能性もあります。実は各キャリアの審査基準は、微妙に異なります。ですから、あるところではだめでも、ほかのキャリアではOKだったという事例が出てくる可能性は大いにあるわけです。

しかも同じキャリアでも、時期によって審査基準のハードルが変わります。契約数を伸ばしたいという大人の事情が絡んでくれば、審査基準を多少甘くするケースもあり得ます。ですから、他社も100%審査に通らないわけではないので申し込みをしてみることです。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ