クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

職業・属性と審査

新社会人の時期には積極的にクレジットカードに申し込むことをおすすめします

更新日:

150613

18歳以上で申し込みができるクレジットカードは新社会人となった人にもおすすめです。

18歳以上を対象としたクレジットカードには年会費無料やポイントの増量など様々なメリットがありますし、また入社から3ヶ月以内の新入社員を対象としてポイント5倍を設定しているクレジットカードなどもあります。

クレジットカード会社が新社会人向けのカードに充実した特典を設けているのは、初めて契約するカードを大切に使い続ける人が多いことが理由となっています。

カード会社は若い人の申込みを歓迎している

クレジットカード会社もこのような事情はしっかりと理解しているため、初めてクレジットカードを作る新社会人を優遇することで自社の優良顧客として取り込もうとしています。

新社会人向けのクレジットカードは一般向けのカードよりも審査に通りやすいですから、クレジットカードを作りたい人にとっては新社会人となった時期が特に狙い目になるのです。

18歳から申し込めるクレジットカードとしては「三井住友デビュープラス」をおすすめします。

新社会人となる18歳から25歳までの人を対象としたカードでありポイントの優遇などが設定されています。

また実質的に初年度の年会費が無料であり、2年目以降についても前年度に利用実績があれば同様に年会費無料で利用することができるのです。

クレジットカードはできるだけ早い時期に申し込むことがおすすめです

クレジットカードに申し込む時期としては新社会人となった時が最適だといえます。

新規顧客を獲得することを目的に各クレジットカード会社では新社会人の優遇に力を入れているのです。

クレジットカードやローンなどの利用経験が少ない新社会人は将来しっかりと支払いをしてくれる優良顧客になってくれる可能性が高いため、クレジットカード会社では自社の顧客として積極的に取り込みたいと考えているのです。

30歳以上でクレジットカードを持ったことのない人には年をとる毎に厳しくなる

一方でクレジットカードの利用経験がないままで30代や40代になってしまったという人の場合には、新規のクレジットカードに申し込んでも審査に通らないということが多くなってしまいます。

極端な例としては「50代で会社役員で高額の報酬をもらっているのにクレジットカードの審査に落ちてしまった」という場合などもあるのです。

これらについてはすべてクレジットカードの利用履歴がゼロであることが理由となっています。

クレジットカード会社では申込者の「信用」に基づいて審査を行うのですが、これまでにクレジットカードを利用したことがないという人の場合には利用履歴がゼロであるため信用の判断ができないのです。

そのためブラックとは反対の「ホワイト」が理由で審査に落ちてしまうことになります。

利用履歴を重ねて信用を築くのが大切

クレジットカードの審査ではこれまでのカードの利用履歴(クレヒス)が重視されるため、できるだけ早い時期にクレジットカードを作って確実な利用履歴を積み重ねることが大切なのです。

また学生時代に学生向けクレジットカードの滞納をしてしまったという人は新社会人向けのカードに申し込む場合には注意が必要になります。

過去に滞納の履歴があるとクレジットカードの審査では不利になりますので、「アコムACマスターカード」が用意している仮審査を試してみることをおすすめします。

基本的な情報を入力するだけで借入ができるかどうかを判断できるのが仮審査です。

インターネット上で手軽に利用することができますし、利用料金も無料となっていますので気軽に試してみてください。

入社1年目だと審査では不利なのでしょか

クレジットカードの審査では入社してからの勤続年数が長ければ長いほど有利になります。

そのため新社会人となったばかりの入社1年目の人の場合には審査で不利になってしまう場合なども考えられるのです。

ただし最近各カード会社が力を入れている新社会人向けのカードであれば入社1年目であっても審査で不利になってしまうことは少ないはずです。

むしろ新社会人の取り込みに力を入れているカード会社であれば通常よりも有利な条件でクレジットカードの契約ができるかもしれません。

新社会人向けのカードであれば勤続年数についてはそれほど心配しなくても大丈夫ですから気軽に申し込んでみてください。

正社員と非正規雇用者では審査基準が違う

ただし正社員でない非正規雇用の人の場合には基準が異なりますので注意が必要です。

非正規雇用の人については収入が不安定であることももちろんなのですが、比較的簡単に仕事を辞めてしまう人が多いためクレジットカードの審査では不利になってしまうのです。

企業に正社員として採用された人の場合には多少仕事で辛いことや苦しいことがあっても頑張ろうとするのですが、非正規雇用の人の場合には簡単に諦めて辞めてしまう人が多いため信用が低めに判定されることになります。

また新入社員の年収が少ないことはカード会社も理解していますので、年収の条件についてはそれほど気にしなくても大丈夫です。

初めてクレジットカードを持つ人は使いすぎに注意してください

これは新社会人に限らす初めてクレジットカードを持つ人に共通なのですが、クレジットカードを使い始めるとついつい浪費をしがちになりますので注意が必要になります。

クレジットカードがあると何でも買えるような気分になりますので、ほどんどの人の場合には1割から2割程度浪費が増えてしまうとされているのです。

普段現金で年間20万円程度の買い物をするという人であれば、カードが使えるようになると同様に年間22万円から24万円程度の買い物をしてしまうことになります。

初めてカードを利用するという人は自分の利用額をしっかりと把握することを心がけるようにしてください。

具体的には利用明細を専用のノートなどに貼って確認してみることをおすすめします。

新入社員におすすめのクレジットカード

クレジットカードがあれば欲しいものが「いつでも買える」ようになるため、我慢をするということを忘れがちになってしまうのです。

そのためついつい使いすぎて支払い日に困ってしまうことになります。そんな人におすすめのクレジットカードが「三井住友デビュープラス」です。

カードの契約から3ヶ月間は利用ポイントが5倍となりますし、その後も2倍のポイントを継続して獲得することができるのです。

使いすぎを抑えて節約しながら利用をしても通常よりも多くのポイントが獲得できますので、普通に現金で買い物をするよりもずっとお得になります。

また申し込みに不安を感じているという人にはアコムACマスターカードが用意している仮審査をおすすめします。

アコムACマスターカードはアコム(三菱UFJファイナンスグループ)が提供するクレジットカードであり、審査に通りやすく実質年率も低いことが特徴となっています。

最短で即日の発行が可能であり年会費も無料ですし、審査が柔軟に行われるためパートやアルバイトなどの人でも安心して申し込むことができるのです。

-職業・属性と審査

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.