クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

職業・属性と審査

フリーターの人におすすめのクレジットカードを紹介します

更新日:

150526

クレジットカードに申し込むことができるのは「安定した収入が認められる人」であることが条件となっています。

それではフリーターの人の場合にはこの条件を満たすことはできるのでしょうか。今回はパートやアルバイトなどをしているフリーターの人がクレジットカードに申し込みための方法について詳しく解説したいと思います。

フリーターの人でもクレジットカードに申し込める

クレジットカード会社の問い合わせダイヤルには「フリーターでもカードが作れますか?」といった内容の電話が毎日かかってくるのだそうです。

これはクレジットカードの申し込みの条件について「安定した収入が認められる人」とだけ書かれていて、具体的な職業(会社員・アルバイト)などの記載がないことが原因であるようです。

実際にパートやアルバイトなどの人でもクレジットカードを作れるのかについてはそれぞれのカード会社ごとに異なります。

特に銀行系のクレジットカード会社の場合には

「申し込みはできますが審査に通かどうかはわかりません」
「難しいと思います」

という場合が多いようです。

審査の基準や方針などがそれぞれですから断言はできないのですが、銀行系のクレジットカードについてはパートやアルバイトなどの場合には審査に通過することは難しいのかもしれません。

一方で流通系のクレジットカード会社などの場合には「パートやアルバイトなどであっても毎月安定した額の収入があれば利用できます」という場合が多くなっています。

これは銀行系と流通系では審査基準などが異なることも理由となっているのですが、さらに流通系のクレジットカード会社では銀行系や信販系があまり対象としていない主婦・学生・フリーターなどを取り込むことで積極的に業績拡大を狙っているのです。

フリーターの人にはこんなクレジットカードをおすすめします

近年ではアルバイトはもちろんですが、SOHOや派遣社員など非正規社員として働く人の人口が増加しています。

これは戦後の日本社会で広く採用されてきた終身雇用制度の終わりだといわれることもあるのですが、むしろ個人的な価値観を優先して自由に働くというスタイルが認知されてきたと考えるべきかもしれません。

このような時代背景についてクレジットカード会社も十分に理解していますし、またフリーターの人が利用しやすいようなクレジットカード商品のラインナップに力を入れているのです。

例えばフレックス払い型のクレジットカードであれば最低支払額をあらかじめ設定しておくことでいつでも設定額を超えた金額の支払いが可能になりますし、またリボ払い専用カードならば支払額は何度買い物をしても常に一定額で済むのです。

最近ではこの2つの機能を同時に備えた「ある時払い」という愛称のクレジットカードを選択するフリーターの人が増えています。

またこれらのクレジットカードは利用限度額が低めに設定されていますので、毎月の収入の金額が少ないという人であっても比較的審査に通りやすいことが特徴なのです。

利用限度額については利用の状況などにより将来的に拡大することも可能ですから、まずはこれらのカードで利用の実績を重ねることから始めてみてはいかがでしょうか。

フリーターの人に最適なカードは何でしょうか

先日当サイトに「フリーターをしています。収入が不安定で勤続年数も少ないです。どんなクレジットカードに申し込めば良いのでしょうか?」という質問がありました。

質問者はおそらく年収や不安定な勤務条件などがクレジットカード会社の審査基準を満たしているのかどうか不安だったのではないでしょうか。

このような人の場合にはクレジットカードを機能などの面から選択してしまうと審査が厳しくなってしまうかもしれません。

クレジットカード会社では具体的な審査基準は明確にしていないのですが、正社員の人などと比較するとフリーターなどの場合にはそれだけで圧倒的に不利になってしまうことは確実なのです。

ですからフリーターの人の場合にはまずは審査基準が緩めで審査に通りやすいクレジットカードを探すことから始めてみましょう。

特に「フリーター歓迎」などとされているクレジットカードがおすすめです。

アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)の「アコムACマスターカード」などは、募集サイトの目立つ場所に「パートやアルバイトの人もお申し込みいただけます」と記載されていますので、アコムACマスターカードであれば審査落ちしてしまう可能性がぐっと低くなります。

申し込みに関しては在籍確認なしで審査に通ったという口コミもありますし、さらにリボ払いが利用できますのでこれを活用すればどれだけ買い物をしても月々の返済は一定額で済むといったメリットもあります。

様々な細やかな配慮がされていることもアコムACマスターカードをおすすめする理由のひとつなのです。

VISAカードやJCBカードとの違いはあるのでしょうか

クレジットカードといえばVISAやJCBを思い浮かべる人が多いかもしれません。それではアコムACマスターカードはVISAやJCBカードとはどのような違いがあるのでしょうか。

多くの人に利用されているクレジットカードとしてはVISA、JCB、MasterCard(マスターカード)などがあげられるのですが、これらについては基本的には特に大きな違いはないのです。

これらについては利用している決済ネットワークが異なるということになります。

クレジットカードが利用できるお店にはレジの横にVISAやJCBなどのロゴが表示されているのですが、例えばこのとき利用できるカードがVISAのみであれば、JCBやMasterCardは利用できないということになってしまうのです。

世界に通用する国際ブランド

このようなクレジットカードの利用ネットワークは国際ブランドと呼ばれるVISA、JCB、MasterCard、ダイナース、アメリカンエキスプレス、銀聯、ディスカバーの7社により構成されています。

一般的なクレジットカード会社はこれらのいずれかとライセンス契約を交わすことにより国際ブランドのネットワークを利用することができるのです。

ちなみに国際ブランド7社の中ではVISAとMasterCardの2社が市場全体の80%を占めていますので、VISAかMasterCardを所有していれば日本国内はもちろん世界中のほとんどのお店などで利用することができるはずです。

またクレジットカード以外に最近ではデビットカードが人気となっているのですが、デビットカードについてもメリットとデメリットがありますので興味がある人は情報ページなどを参照してみてください。

-職業・属性と審査

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.