外資系のカードであれば自己破産しても作れるクレジットカードがあるかも?

140925
借金をして自分の収入では返済できないほどの額になってしまった場合、債務整理をする方法があります。返済を見直して借金の圧縮をし、自分の収入に見合った返済計画を立て直します。多重債務といって、借金返済のために借金を重ねるのと比較をすればより現実的な解決策です。

また債務整理の中には、自己破産という方法もあります。自己破産とは、もし借金をどのような方法をとっても返済できなくなった場合、自分の身の回り以外の財産をすべて処分します。その上で残った借金に関してはすべてチャラにできる制度です。人生のリセットをするための究極の救済措置とも言われています。

自己破産に関して、いろいろと誤解されているようです。自己破産をすると勤めていた会社にいられなくなるとか、旅行などの移動に制限が加わるなどはよく指摘されています。しかし自己破産をしても、基本的には今まで通りの生活が送れます。

自己破産とクレジットカードの関係


ただし自己破産をすると、個人信用情報という銀行やクレジット会社、消費者金融やローンやカードの審査をする時に照会する機関で事故情報として登録されます。このため、カードやローンの利用はしばらくの間できなくなると思ってください。

特にクレジットカードの場合、担保などを取らずに実質上買い物代金を融資する形をとっています。つまりカード利用している人の信用力だけで融資をしているのと一緒です。自己破産をして借金をチャラにした過去のある人は、やはり通常の人と比較して信用力は落ちます。このため、カード発行に対応してもらえません。

ちなみにクレジット会社が加盟している個人信用情報機関に、CICという所があります。このCICは自己破産による免責の決定を受けてから5年間は事故情報が残ります。つまり、一般的に考えると、自己破産をしてから5年間はクレジットカードを作れなくなると理解しておいてください。

自己破産でも作れるクレジットカード?


一般的には自己破産をして、事故情報が消えるまでは新規でクレジットカードの発行は受けられないはずです。しかし一部クレジット会社の中には、自己破産の措置を受けてから5年経過していないにもかかわらず、カード発行してくれる所もあります。一見すると、ブラックOKのカードといわれると闇金のような裏があるのではないかと思う人もいるはずです。

しかし誰もがその名を言われればピンと来るような有名なクレジット会社で、自己破産の方でもカード発行しているケースは見られます。一般的な傾向として、外資系のクレジットカードは、自己破産をしていても事故情報が消えない段階でカードを発行する傾向が見られます。

この辺の所は、日本と欧米文化の違いかもしれません。日本の場合、過去にトラブルを起こした人は信用力に問題ありと判断して、審査を通さない傾向があります。しかし欧米の文化では、過去に何が起きたかではなく現在どうなのかという方を重視します。

つまり過去に自己破産をしたとしても、現在の属性がどうなのかを判断してカード発行の合否を判定する傾向が強いのです。もし安定した職を得ていて、収入もきちんと確保されているのであれば、クレジットカード発行の可能性があります。

現在キャッシュレス化がどんどん進んできています。このため、クレジットカードを持っておくことは生活の利便性を考えた場合に必要なことといえます。また仕事の関係で、一時的にクレジットカードなどを使って立て替え払いをしないといけない場面に遭遇する可能性も今後出てくるかもしれません。そのようなことを考えると、自己破産でも外資系であればカードの持てる可能性のあることは、頭の中に入れておいてもいいのではありませんか?

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ