クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

もしかしてブラックかも?

クレカの支払いを延滞してしまった!いつまでブラックリスト扱い!?

更新日:

140929

クレジットカードやローンの問題でよく「ブラックリストに載る」という表現が使われるのをご存知ですか?

ブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードは作れませんし、ローンも普通の所では組みにくくなります。ブラックリストに載るという表現は使われるものの、実際に「ブラックリスト」なる物が存在しているわけではありません。

皆さんがカードやローンを利用すると、その借り入れや返済に関する情報は、個人信用情報として管理されます。

そしてもし返済をしなかったなどのトラブルが起きた場合には、信用情報に「金融事故情報」が登録されます。この事故情報のことを便宜的に「ブラックリストに載った」というわけです。

ブラックリストに掲載される4つの条件

ブラックリストに載ってしまうのには、主に以下で紹介する4つの条件があります。

1. 長期延滞や頻繁に返済期日までに返済をしない人

まず長期延滞に関してですが、信用情報を管理している個人信用情報機関では原則61日以上延滞をすると事故情報として登録するルールになっています。クレジットカード会社により多少の違いはあるものの、2~3か月延滞の状態が続くと、ブラックリストに載る可能性は高いと思ってください。

61日以内に延滞があってもきちんと支払いをすれば問題ないように思えます。

しかし61日以内に返済をしても、繰り返し延滞をしているのであればブラックリストに載ってしまいます。事故情報として登録されていなくても、信用情報にはいつ借入をしていつ返済をしたかの記録は残ります。もし短期間の滞納が何度もあれば、厳しいカード会社であれば審査非承認とされる可能性も高まります。

2. 延滞する人

2つ目は、カードローンなどを利用しているのに返済をしていない人です。クレジットカードにしてもカードローンにしても、個人を信用して融資や代金支払いの肩代わりをします。

ところが借りたお金を返済していないとなれば、なかなか融資をしようという気にはならないはずです。

3. 強制解約させられた人

3つ目のブラックリストに載ってしまう条件として、カード会社から過去に強制解約させられたケースがあります。強制解約をさせられたということは、かなりのカード会社との間にトラブルがあったことが推測されます。そのような人にもなかなかカード会社はクレジットカードを発行しません。

4. 債務処理をした人

最後のブラックリストに載ってしまう理由は、債務処理をした人です。債務処理とは、借金を抱えて返済できなくなった人に対して適用されます。債務の整理をして、返済可能な額に圧縮して返済計画を立て直す方法です。どうしても返済が無理というのであれば、自己破産という借金をチャラにする方法もとられる可能性はあります。

ブラックリストから消えるのは?

いったんブラックリストに載ってしまうと、新規の各種ローンが組めなくなります。またクレジットカードの加入もできなくなります。持っているクレジットカードで商品をローンなどで購入することも不可能です。ただしこのブラックリストに載った状態というのは、ずっと続くわけではありません。

事故情報は一定の期間経過すると解除になります。事故情報が解除になれば、再びカードを作ることもローンを組むことも可能です。では事故情報が解除されるまでにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

延滞なら5~7年間くらいかかる

延滞問題が理由で事故情報として登録された場合には、5~7年間くらいかかります。

また自己破産をして事故情報が登録されてしまった場合には、5~10年程度の期間が必要です。期間にばらつきのあるのは、信用情報機関によって異なるからです。いずれにせよ、少なくても5年間はクレジットカードが作れなくなると思ってください。

-もしかしてブラックかも?

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.