クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレカの種類とブランド

海外旅行に最適なクレジットカードの国際ブランドはどれ?

更新日:

20150915

海外旅行に出かけるときはクレジットカードを持って行ったほうが良い、というのはよく耳にすると思います。具体的には

・海外旅行保険が付帯されている
・現金を持ち歩かなくても支払いができる
・キャッシング枠があるなら現地でお金が足りなくなっても安心

といったメリットがあるからです。

ではどのクレジットカードを海外旅行に持っていくのがいいのか。これがなかなか難しいように感じられるかもしれませんね。

自分にピッタリの1枚を見つけるためにも、まずは国際ブランドの違いを把握した上で比較・検討してみましょう。

国際ブランドのおさらい

まずは国際ブランドについて大まかなおさらいから。

国際ブランドは世界中で利用できる決済システムのこと。提供しているブランドが5つあり、それぞれ加盟店で決済できます。

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • アメリカンエキスプレス(AMEX:アメックス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)
  • ディスカバー
  • 銀聯(ぎんれん)

これらがメインの国際ブランドですね。名前を聞いたことがあるものも多いのではないでしょうか。

各国際ブランドの特徴

それでは次に各国際ブランドの大まかな特徴を紹介していきます。

カードブランド 特徴 メリット デメリット
VISA 世界中に加盟店が存在しており、国内外問わずクレジットカードが使えるお店ならほとんどがVISAカードで支払える。 どこでも使える安心感、VISAカードさえ持っていれば世界中どこにでも出かけられる、というのは大きな強み! 特にはありませんが、逆に言えばコレと言った特徴がないことがデメリット…?
MasterCard VISAカードに次ぐ加盟店を有する代表的な国際ブランド。日本のみならず世界中からもVISAカードの2番手として扱われている印象。 VISAカードと同じくらいどこでも使える安心感、そしてやはり世界中どこにでも出かけられるというメリットがある。 国内で発行されているMasterCardブランドでひときわお得感の強いカードがないので印象が薄い。
JCB 日本産の国産ブランド。日本の加盟店数はとても多く、国内で利用する分には何ら問題無く使用できます。ただし海外で使えるお店は少ない 日本国内なら問題無く利用できる。海外にあるJCBプラザを利用することができ、現地語が分からなくても日本語でチケットやレストランの予約、観光案内が受けられる。 海外で使えないお店が多いのは手痛い。ただし国によってはアメリカンエキスプレス(AMEX)と提携しているのでAMEXが使えるお店なら決済できる!
アメリカンエキスプレス(AMEX) トラベル&エンターテイメント(T&E)に特化している国際ブランド。一般層向けというよりは富裕層向けのカードとして利用されています。決済よりも旅行等を楽しむためのカードという意識が強い 充実したサービスが期待できる。例えば無料で空港ラウンジサービスが使える、スーツケースの無料往復宅配、コンシェルジュサービス等々…。 加盟店が少ないので使える場面が限られてくること、そして基本的に年会費が高いので使える人が限られてくる
Diners Club(ダイナースクラブ) アメックスと同じようにT&E向けの国際ブランド。正直なところアメックスとDiners Clubはほぼ同じものだと考えて差し支えないです。こちらの方がより富裕層向けな傾向 AMEXと同様、ラウンジサービスやコンシェルジュサービスなど実に魅力的かつ豊富なサービスが多い。 AMEX以上に加盟店が少なく、使えるお店がもっと限られてしまう。日本国内で利用するのも少し厳しいか…?基本的にはセカンドカードとして利用することになるはず。

海外旅行に適した国際ブランドベスト3

ここまでで紹介した情報を基に、海外旅行に持っていきたい国産ブランドベスト3を発表したいと思います。

VISA

あらゆる場面で活躍できる、メインカードとして選びたい国産ブランドカード。

MasterCardもおすすめできるが、より加盟店が多く、使い勝手が良く感じられるのはVISAだということで1位にランクイン。実際問題、VISAがあれば全く問題ありません。

地方の場合、MasterCardのみ対応しているお店がある可能性もあるけれど、少なくとも主要都市では困ることはない

AMEX

絶対に必要というわけではないが、やはり海外旅行保険をはじめとした充実した付帯サービスは魅力的!特に長期間の海外旅行や留学などを検討しているなら持っておいた方が安心感が大きい。

Diners ClubもAMEXと同様のサービスなのでどちらを選んでも良いのだが、Diners Clubは、年会費をはじめとしたコストが気になるのでAMEXがおすすめできる。

JCB

海外で利用する分には少し不便な部分もあるけど、JCBのトラブルデスクサポートなど手厚いサービスが魅力的!

メインカードというよりはサブカードとして運用すると良い!

-クレカの種類とブランド

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.