クレジットカードの使いすぎを防ぐための4つの基本的なテクニック

20151011

今手持ちの現金がなくてもクレジットカードさえ持っていればお店で買い物をすることができますし、ネットショッピング、ネットサービスを利用する際にも気軽に申し込めるので非常に便利です。

しかし、月末辺りになって利用明細が届いて、中を改めてみると「今月はこんなに使っていたのか!」と驚いた経験は誰もが一度はあるのではないでしょうか。

もちろんほとんどのクレジットカードは分割払いに変更できるので、一度に支払うのは難しくても色々な方法を選ぶことである程度緩和させることはできます。

しかし、根本的にクレジットカードの使い方が良くないと慢性的に借金をしているような状態になってしまい、そこから自己破産などの債務整理に発展してしまう可能性も。

そうならないためにも、クレジットカードの使いすぎを防ぐ4つのポイントを確認してみましょう。

利用明細を細かく確認しよう


クレジットカードも使いすぎの原因のひとつが「今、自分がどれくらい使っているのか把握しづらい」からです。

現金での支払いのように、今自分が持っているお金がどれくらいなのか、残りのお金はどれくらいなのかが分からないため、ついつい使いすぎてしまうというケースは多いと思います。

カード会社から毎月定期的に送られてくる利用明細をきちんと確認する習慣を付けましょう。何となく面倒だから中身をちゃんと見ていない、支払い額だけチェックしてすぐに捨ててしまう、という方は多いようです。

そうではなくて、何にクレジットカードを使ったのか、といったときに使う機会が多いのか、といったクレジットカードの使い方を見直しすることでもしかすると無駄遣いが減らせるかもしれませんし、もっと上手な使い方も見えてくるはずです。

また、きちんと利用明細を確認しておかないと、万が一不正利用されてしまった時の発覚が遅くなってしまうのでセキュリティーの面からも確認を怠らないように。

最近だとweb上から利用明細を確認できるようになっていることが多いので、暇な時にでもパソコンやスマホからチェックしてみることをオススメします。

支払いは一括払いにこだわる


大きめの買い物をするときや、どうしても欲しいものがあるけれど手持ちのお金が少ない、といったときは分割払いを利用することも多いですよね。しかし、これが使いすぎの原因になっている可能性があります。

分割払いに慣れてくると、いつまでに支払い終わるのか、分割手数料を含めたトータルでの支払いが結局よく分からないまま支払い続けてしまう、というケースが良くあります。

中でも特に注意しておきたいのはリボ払い。リボ払いは1回あたりの支払いはとても少ないのですが、なかなか支払いが終わらないため、複数のリボ払い契約をしてしまうといつまでたっても払い終わらないことになりかねません。

こういった分割払いやリボ払いによるクレジットカードを使いすぎを防ぐためには「徹底して一括払いにこだわる」のが有効です。

必ず一括払いでの支払いを選択して翌月にはしっかりと払い切る。大きめの買い物をする時はボーナス払いを選択する。そうすることで毎月あたりのクレジットカードの利用金額が明確になりやすく!

要するに、分割払いとリボ払いは使わないようにするだけで結構違いが感じられるはずです。

ネット通販のカード払いは控える


インターネットショッピング、ネットサービスの決済はほとんどがカード払いになっています。しかし、口座振込や代引なども利用できますよね。

店頭でクレジットカードでの支払いを選択するとその場で明細が発行されるので「今月はこんなに使っちゃったからちょっと自重しよう…」となるところですが、ネット通販の場合だとそうはいきません。

結局のところ自宅にカードの利用明細が届く、あるいはweb明細を確認するまで分からないことが多いです。ですので、ネット通販は極力カード払いは控えるようにしたほうが使いすぎを防げることが多いです。

定期的に支払わなくてはならないサービス(例えば映画見放題のストリーミングサービスなど)はカード払いでも良いですが、amazonや楽天市場といったオンラインショッピングは銀行振込などにしておいたほうが良いかもしれません。

管理する習慣を身につける


上記した利用明細を定期的に確認する、web明細を上手に活用する、に共通していることです。

クレジットカードを上手に使えている人はきちんと管理できている人だといえます。

そこでカードを使うのが上手な人にコツを聞いてみたところ「エクセルで管理している」「家計簿ツールを使っている」といった管理術を教えてくれることが多いです。

例えばエクセル管理している人なら、何月何日に何をいくらで購入したのか、といった日付と品目、金額を記入して1ヶ月の総額がすぐに計算できるようにテンプレートを作っています。

なかなか時間も手間もかけられない!という方はメモ帳でも良いので、品目と金額だけでもメモしておきましょう。これを目に見えるところに置いておけばかなりクレジットカードの使いすぎを防げるはず!

まとめ

結局のところクレジットカードの使いすぎを防ぐためには、自分がどれくらい使っているのか現状を把握することに尽きます。

とはいえなかなか管理するのが難しいからこそついつい使いすぎてしまうものなんですが…。

まずは手軽にできるところから、利用明細を必ず確認するようにすること、web明細をこまめにチェックする習慣をつけることから始めてみてはいかがでしょうか。

便利なツールやアプリなども少しずつ取り入れていけば良いと思います。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ