クレジットカードを水没させてしまったけれども使用できる?

濡れてしまっただけであればクレジットカードは利用可能


クレジットカードを水没させてしまったけれども利用できるのか、このような話をしばしば耳にします。結論から言いますが、クレジットカードを水につけてしまったとしても、引き続き利用できます

クレジットカードにはそもそも電気部品は使われていません。このため、水につけてしまっただけで即故障するようなものではありません。たとえばトイレをしているときにうっかり便器の中にトイレを落としてしまったという人もいるでしょう。

このような場合でも流す前で取り出すことのできる状態であれば、問題なく使用できます。ただし場所が場所だけに、心理的に使い続けられるかどうかという問題がありますが、物理的には支障なく使用できるはずです。

洗濯機に入れてしまったとしても大丈夫


たとえばズボンのポケットなどにクレジットカードを入れていて、そのことをすっかり忘れていて洗濯機にかけてしまったという事例もしばしば紹介されています。このような洗濯機に入れてしまった場合でも、問題なくクレジットカードは利用できるはずです。クレジットカードは、基本的に水に強いです。また洗剤がカードに付着したとしても、問題なく使用できると思ってもらって良いでしょう。

ただしたとえば同じポケットに小銭や鍵などを入れた状態で洗濯機にかけると、もしかして使用できなくなる恐れはあります。洗濯機が回っているときにカードと小銭や鍵がぶつかって、磁気ストライプのところに傷をつける可能性があるからです。ストライプにキズが入ってしまうと、端末が情報を読み取れなくなって利用できなくなることもあります。

乾燥機にかけてしまうと使えなくなる

先ほども見たように、洗濯機で洗ってしまっただけではクレジットカードは引き続き利用できるでしょう。しかし中には洗濯機のあとで乾燥機にかける人もいるでしょう。クレジットカードを乾燥機にかけてしまうと、使用できなくなります

乾燥機は高温で衣服に含まれている水を乾かす仕組みになっています。クレジットカードは水には強いですが、熱に対して弱い性質があります。高温に長時間さらされると、クレジットカードが溶け出してしまうことがあります。また最近ではクレジットカードにICチップの埋め込まれている種類もありますが、熱によってこのICカード部分が破損してしまうこともあります


ただし最新式の乾燥機の場合、機械を動かしているときでもそこまで高温にはならない機種もあります。このため、クレジットカードが熱に溶けるとか変形することもなく引き続き利用できることもあります。ただ古い機種だと、けっこう高温になることもあるのでショッピングで引き続き利用できなくなるかもしれません。

使えなくなったらカード会社に相談

もし乾燥機などにかけてしまって、クレジットカードが破損・変形した場合には、カード会社に連絡することです。そして新しいカードに交換してもらうことです。

クレジットカードの裏面に、連絡先の電話番号が記載されているはずです。そしてカードを破損してしまったことを伝えましょう。ただしたとえば洗濯をしていて、うっかり乾燥機にクレジットカードを入れてしまって使用できなくなったのであれば、それは明らかに利用者の過失による破損です。このような場合、カード会社によっては再発行手数料を請求されるかもしれません

再発行手数料がかかるかどうかですが、カード会社によって対応は異なります。電話で問い合わせたときに確認してみましょう。一般的な傾向として、年会費無料のクレジットカードだと再発行手数料の取られることが多いと思っておいてください。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ