クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

職業・属性と審査

水商売の人はできるだけ早めにクレジットカードに申し込むようにしましょう

更新日:

150616

クレジットカードの審査においては、ホステスなどの水商売をしている人の場合にはどうしても不利になってしまいます。

水商売は好景気の時には収入があっても不景気なると収入が減ってしまうという傾向があるためです。

不景気になるとほとんどの人は飲食費や娯楽費を節約するようになるため、水商売は不景気の影響を受けやすいのです。

水商売で働いている人がクレジットカードを作る際の注意点

水商売の人がクレジットカードを作りたいのであれば、できるだけ早い時期に申し込むということが重要になります。クレジットカードをこれまでに利用した経験がないという人は特に注意が必要です。

カード利用の経験がないままで30代や40代になってしまうと、高額の収入がある人でも審査に落ちてしまう場合が増えてしまうからです。

クレジットカードの審査では申込者の「信用」が判断されるのですが、これまでに利用履歴が全くないという人はブラックの反対の「ホワイト」(利用履歴が空白)であるため、信用の判断ができないために審査に落ちてしまうことになります。

クレジットカードはできれば20代のうちに作るようにして、その後確実な利用履歴を重ねていくことがおすすめなのです。

延滞せずに確実に支払うことが信用につながる

水商売の人がクレジットカードに申し込む場合には利用限度額を控えめにしておくことがポイントになります。

さらに審査に不安を感じるという人は「アコムACマスターカード」が用意している仮審査を試してみてください。

インターネット上で基本的な情報だけを入力するだけで利用の可否を判断することができますし、個人情報などを入力する必要はありませんのであなたのプライバシーはしっかりと守られるのです。

クレジットカードの審査で水商売は不利なのでしょうか

水商売などの人はクレジットカードの審査では評価が低くなります。これらの職業では努力次第で高額の収入を獲得することができるのですが、一方で稼げなくなると一気に収入が減ってしまうという特徴があるからです。

例えばプロスポーツ選手やテレビタレントなどがそうなのですが、全盛期に年収が数億円だった人が数年でサラリーマン以下の年収になってしまうといったケースなどもあります。

水商売、飲食業、歩合制の営業マンなどの職種も同様に収入の変動が激しいと判断されるため、クレジットカードの審査では信用が低く評価されてしまうのです。

これらの職種では本人の努力だけでなく景気の状況などによって収入の額が大きな影響を受けるため、安定した収入を継続的に獲得することが難しいといえます。

仮審査してみるのがオススメ

このように収入が不安定な職種の人がクレジットカードに申し見たいのであれば、いきなり本審査に申し込む前に仮審査を受けてみることをおすすめします。

仮審査はパソコンや携帯からインターネット上で利用できるサービスであり、基本的な情報を入力するだけで利用の可否を簡単に判断することができるサービスです。

まずは仮審査に申し込んでみて、仮審査の結果を参考にして本審査に申し込むかどうかを判断してみてください。

本審査にいきなり申し込むことは避けましょう

クレジットカードに申し込む場合に、いきなり本審査に申し込むというのはあまりおすすめできない方法になります。

最近では各カード会社は新規の申し込みに対して非常に厳しく審査を行っていますので、以前であれば簡単にカードを持つことができたような人であっても現在は審査に落ちてしまうという場合が多いのです。

以前の審査に通りやすかった頃と同じような感覚で申し込んでも審査に通過することは難しいかもしれません。

利用限度額は控えめに

審査に通過するためには利用限度額を控えめにして申し込むのが効果的なのですが、さらに申し込みの回数についても注意が必要になります。

利用限度額についてはできれば大きな枠を持ちたいと考えている人が多いのですが、現在の状況ではまずはカードの審査に通過するということを第一に考える必要があるのです。

また利用限度額については利用の実績を重ねることにより将来的に拡大が期待できますので、あまり多少には拘らずにまずは「契約する」ことを目標にしましょう。また申し込みの回数については多ければ多いほど不利になります。

クレジットカードの審査に申し込んで落ちてしまった場合には、そのことが申し込みの履歴として信用情報機関に登録されてしまうのです。

クレジットカードの審査では必ず信用情報機関に情報の照会を行いますので、申し込みの履歴が多い人は「問題がある人」だと判断されて審査に通りにくくなってしまいます。

申し込みについては1回か2回であれば大丈夫だとされていますが、同じ月に3回以上の申し込みがあるとほとんどの場合には審査に通らなくなるようです。

申し込みの回数を減らすために仮審査を積極的に活用してみてください。

仮審査ではカード利用の可否が簡単に判断できますし、たとえ仮審査で落ちてしまってもそのことは信用情報機関には登録されませんので安心して利用することができるのです。

記入ミスが原因で審査に落ちてしまう人が増えています

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、クレジットカードの審査で落ちてしまう原因としては記入ミスによるものが多いのだそうです。

審査に通過するための条件を十分に満たしていても、申込書に記入ミスや空欄などがあるとそれが原因で審査に落ちてしまうことになります。

記入ミスがあるとそれだけで不利になってしまいますし、また申込書に空欄が多いと「不利な条件を隠しているのではないか」と判断されてしまうことになります。

申込書の記入をする場合にはできるだけ空欄ができないようにしっかりと記入することを心がけてください。記入について疑問などがあれば直接電話などで確認してみてください。

「そこは空欄でもかまいません」と言われたのであればそのまま空欄にしておいても大丈夫でしょう。

虚偽の申告はしない

また虚偽の申告については特に注意が必要になります。

住んでいるのが借家であるにもかかわらず持ち家だと申告したり、固定電話を持っていないのに持っていると申告したりすると虚偽申告になります。

これらについては「ついうっかり」「勘違い」などであっても審査では嘘をついていると判断されてしまうのです。

申し込んだ後で間違いに気がついた場合にはできるだけ早く訂正するようにしてください。

「年収が280万円なのに間違って300万円で申告してしまいました」などと申し出ればそれでOKです。

審査に不安を感じている人に向いているカード

審査について不安を感じるという人には「アコムACマスターカード」をおすすめします。

最短で即日の発行、年会費は無料、柔軟な審査という特徴がありますので、水商売などの収入が不安定な人でも安心して申し込むことができます。

-職業・属性と審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.