無職やニートでもクレジットカードは作れる?ブラックの人は?

150404a
普段の買い物やインターネットショッピングで便利なクレジットカード。今や持っていないと生活に支障が出るレベルで当たり前に使われています。

そんなクレジットカードですが、無職やニートなど収入の一切ない方でも作れるものなのでしょうか。実は、いくつかのクレジットカードやカードローンについては無職でも手にすることができる場合もあります。

必ずしも審査に通るとは限りませんが、チャンスはあるのでチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

専業主婦や学生でも使えるカードが狙い目


無職・ニートでも作れるクレジットカード、カードローンの狙い目としては「専業主婦や学生でもOK!」なカードになってきます。

例えば楽天カードやイオンカードなどが有名です。どちらも普段の買い物はもちろん、インターネットショッピングでも使い勝手の良いカードになっているのでおすすめです。

とはいえ、クレジットカードを作るときには必ず審査を受けなくてはなりません。そこで注目されるのが「どれくらいの収入があるのか」「返済能力は十分なのか」ということです。無職やニートの場合はここが一番気になるところではないでしょうか。

審査にも色々な項目がありますが、現在は無職だけれどつい先月まで会社で働いていた、これまで金融事故を起こしたことがない、実家で家族と一緒に暮らしている、という場合は有利に働きます。

特に実家で家族と一緒に暮らしている、というのは大きなポイントとなっており、返済が滞ってしまった場合でも両親が肩代わりをしてくれるのではないかと判断されるためポイントが高いです。

しかし全く収入がない状態の無職やニートだとそれが理由で断られることも十分考えられます。ですので、一時的にでも良いのでパートやアルバイトなど収入が得られる仕事に就いて、給料をもらってから申し込みした方がより通りやすくなるのは間違いありません。

例えば近所のコンビニなどで短時間だけでもバイトをする実績を作るだけでも審査の通り方に違いが出てきます。

家族カードという選択肢


無職やニートの場合だと家族と一緒に暮らしていたり、あるいは仕送りを受けていることが多いと思います。仮に住んでいる場所が違ったとしても生計を共に立てていると判断されれば「家族カード」を利用することもできます。

家族カードは親がクレジットカードを持っていればほぼ間違いなく承認されるため確実かつ簡単にクレジットカードを手にすることができます。利用限度額などに上限はあるものの無職・ニートでも使えるクレジットカードです。

ブラックの無職・ニートはかなり厳しい

過去に支払いが滞ってしまったり、返済が難しくて債務整理を行った、いわゆるブラックの無職やニートの場合を考えてみましょう。

ただでさえ収入がないため「返済能力無し」と判断されるだけでも厳しい条件なのに、これにブラックが加わると絶望的だと言わざるを得ません。

普通のやり方ではまず審査に通ることは無いでしょう。先程紹介した家族カードなら多少可能性があるかも?というレベルです。

ブラックが解除されるまで完済から5年~10年かかるといわれているので、それまでに定職を見つけた方が建設的でしょう。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ