クレジットカードの審査に落ちたら?実践したい5つの対策方法

150520
クレジットカードの申込みをしたは良いけれど、審査に落ちてしまった。

わざわざ時間と手間をかけて申込みしたにもかかわらず審査に通らなかったときは悲しいものです。

何が原因で審査に落ちたのかが明確に教えられるのなら対策の取りようもありますが、現状として全てのクレジットカード会社は審査内容を明示していません。具体的なケースなども用意されていません。

つまり、ある程度の目星をつけて、審査を受けてみないと分からないのが現状なんです。だからこそ、クレジットカードの審査に落ちてしまった後の対策が重要になってきます。

ここで紹介する対策を取っておくことで、次回の申込み、再審査でより有利に働く可能性があります。一度内容を確認してみましょう。

審査後半年は期間を開ける

クレジットカードの申込みに落ちたら、すぐに他のクレジットカード会社に申込みたくなる気持ちはよく分かります。しかし、これは避けたほうが良いです。その理由は、クレジットカードの申込み履歴は個人信用情報機関に登録されており、他のカード会社もその情報を閲覧できるからです。

つまり「この人はA社に申込みしているけれど落ちているな」と確認されてしまい「じゃあうちもやめておこう」と判断されてしまいかねないわけです。また同時期に2~3件以上の申込みを出すと「この人はよほどお金に困っている」「これだけたくさんの申込みを出すということは多重債務の可能性もある」と判断され、審査に落ちることもあります。これを「申込みブラック」と言います。

この申込み履歴はおよそ半年で消去されます。ですので、申込み履歴が消える半年間はクレジットカードの申込みは避けた方が無難です。

審査の内容を確認してみる

クレジットカードの審査の内容は明示されていないものの、ある程度共通して必ずチェックされている部分があります。これらの審査項目の中で不利な条件があると落ちてしまう理由になります。一般的には以下のようなものが挙げられています。

収入 アルバイトやパートなどでも良いので安定・継続した収入があること
年収 カードのグレードにもよるが、年収150万円~200万円以上が目安となる場合が多い
勤続年数 1年未満の場合は審査がより慎重に。半年未満はかなり厳しい。できれば1年以上が望ましい
他社借入状況 他社のクレジットカードを利用していたり、カードローンやキャッシングサービスを利用していると信用情報機関から割れる。できれば他社借入状況が無い方が良い

やはり中でも重要視されているのは返済能力と直結する現在の職業でしょう。一時期は正社員でなければクレジットカードを作成することができませんでしたが、現在はパートやアルバイトなどの非正規雇用でも発行してくれるところが増えています。もしも無職だったり、求職中であるならアルバイトでも良いので始めると審査につながりやすくなります。

使っていないカードの解約
複数のクレジットカードを保有していると、カード会社は審査をより慎重に行います。例えば、全く使っていないクレジットカードが2枚あって、ひとつは100万円、もうひとつは200万円の与信枠があれば、審査では「300万円分の与信枠をすでに使っている」と判断されてしまいます。ですので、使っていないカードはどんどん解約したほうが良いです。

クレジットヒストリーを重ねる
ゴールドカード、プラチナカードといったいわゆるハイグレードのクレジットカードに申込みしたけれど、審査に落ちてしまった場合はクレジットヒストリーを重ねるのが最も有効な手段です。

年会費無料の一般カードで良いので、こちらを丁寧に使い、必ず支払い日に返済することを心がければ自然とクレジットヒストリーを重ねることができます。これによってカード会社からの信用が高まり、ハイグレードのクレジットカードへの申込みが通るケースは珍しくありません。

金融事故情報の確認
ここまでで紹介した理由が当てはまらないにもかかわらず審査に通らない場合、金融事故情報が記載されている可能性があります。個人信用情報機関は本人であれば金融事故情報の照会ができるので、問い合わせてみましょう。

携帯電話料金の支払いの関係上ブラックリスト扱いになっているケースも過去にはありました。そのような特殊なケースも考えられるので、一度確認してみることをおすすめします。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ