クレジットカードブラックになると完済しても審査に通るのは難しい?

150331a
クレジットカードの支払いが遅れてしまった。うっかりして起こりがちなことではありますが、私たちが思っているよりずっと簡単にブラックリストに登録されてしまうため絶対に避けたいところです。

ではこのブラックリストはどこに登録されてしまうのか、というとクレジットカード会社と信用情報機関の両方になります。

クレジットカード会社のブラックリストについてはシステム内にずっと残り続ける可能性があるため、一度ブラックリストに載ってしまうとそのクレジットカード会社でもう一度発行するのはかなり難しいです。

しかし信用情報機関に掲載されたブラック情報というのはある程度の期間があれば解消されるものなんです。

クレジットカードの信用情報はCICに載る


日本で発行されたクレジットカードに関する情報は必ずCICに情報が掲載されます。もちろんこれは正しく利用していた場合でも同様のことです。誰がどこのクレジットカード会社に申し込みをしたのか、誰がどれくらいの借金をしているのか、きちんと返済できているのか。これらのクレジットカードの情報は全て記録されています。

ちなみにCICでブラック扱いになる条件として61日以上延滞が続く、あるいは3ヶ月連続で延滞を繰り返した場合になります。1度でもブラックリストに載ってしまうと最低でも5年間は記録が残り続けます。それはたとえ完済していたとしても同じことです。

完済してから5年間は残る


よく勘違いされているのですが、ブラックリストとして登録されてから5年後に解消されるのではなく、借入残高と利息、延滞金全てを支払った状態=完済して初めて5年間がカウントされ始めます。つまり完済しないことにはいつまでたっても情報が残り続けてしまうことに。

実はクレジットカードの借金については時効が認められています。それが5年以上経過して初めて権利を主張できるようになる、というもの。

「時効が認められればブラックも解消されるのでは?」と考える方もいますが「借り逃げはずっと掲載し続けなくてはならない」と決められているため残念ながらそうはいきません。完済、もしくは債務整理以外にブラックリストから除外されることはあり得ません。

信用情報機関によって期間が異なる

クレジットカードに関する信用情報はCICに記録されるのが一般的ですが、この他にもJICC、KSCという二つの信用情報機関も存在しています。

金融事故が認められてから全て完済した場合、ブラックリストが解消されるまでの期間はそれぞれが異なります。CICの場合は5年後、JICCの場合は1年後、KSCは5年後となっています。ですので、一度はブラックに認定されたものの、完済したなら5年後は信用情報がクリーンな状態に戻り、他のクレジットカード会社なら審査が受けられる、そして審査が通る可能性があるといえます。

しかし任意整理などの債務整理を行って完済した場合については期間が異なってきます。CICは5年後、JICCは5年後、KSCについては10年後に抹消されます。

完済するまでの期間があまりにも長くなる見通しの場合は弁護士に相談して債務整理を行った方が結果的に早くブラックリストから除外されるケースも考えられます。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ