クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

ブラックリスト登録されると就職や就活、転職などに影響する可能性はある?

更新日:

就職活動をしていたり、転職活動をしていると「ブラックだけれど大丈夫かなぁ」と心配になるものです。ブラックリストに登録されている、そしてこれは社会的に褒められたものではない。明らかなことです。

確かにブラックリストであることが就職先に知られてしまったら影響があるかもしれません。

しかし実際のところ、ほとんどの企業は信用情報を確認することはありません。というよりも勝手に確認できるものではありませんので安心して大丈夫です。

ブラックであることはバレない

返済の延滞や自己破産などの債務整理によって信用情報機関に登録されるとブラック扱いになります。

この個人信用情報は本人とクレジットカード会社などの金融機関以外が身辺調査のために閲覧することは禁止されています。

一昔前までは採用にあたって個人信用情報を閲覧した時代もあったようですが、現在は厳しく制限されているので、ブラックであることがバレる心配はまずありません。

ですので、就活や転職などでブラックのことを心配する必要は無いと判断してOKなんです。

影響がある就職も無いわけではない

ブラックを勝手に閲覧することは禁止されていますが、就職を希望する企業や関連企業に就職・転職する場合は影響が出てしまう可能性もあります。

いわゆる「社内ブラック」というものです。そうなると信用情報機関を閲覧しなくてもすぐにチェックできてしまいます。

もちろんブラックとして確認されてしまえば

「お金の管理がきちんとできない=社会人として使いたくない」

と判断されてしまうケースも十分考えられます。ですので金融機関関連への就職や転職の場合は特に注意したいところです。

信用情報開示が求められることも

先ほどから何度も繰り返している通り、信用情報は勝手に閲覧できません。

ただ、企業としては安心できる、信頼できる人材を欲しがります。そこで一部の企業は自分で信用情報を開示することを求める場合があります。

国内の企業だとあまり見当たりませんが、海外の企業などはそのケースが増えているそうです。ブラックの人は金融事故であることが一目で分かるので、この時点で採用から外れてしまう可能性が出てきます。

自己破産の場合特定の職業には就けない

ブラック状態になる原因は支払いが滞ることだけではありません。債務整理によっても信用情報に記録が残ります。債務整理にも色々な種類がありますが、中でも自己破産を選ぶと特定の職業に就職できなくなる場合があります。

いくつかの職がありますが、

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 認定会計士
  • 会社役員
  • 税理士
  • 公務員
  • 警護職

などが挙げられます。

一般の人にとってあまりピンと来ない職が多いのですが、例えば弁護士などは長年勉強し続けてようやく就けるものです。それが自己破産によって絶たれてしまうことを考えると、おいそれと自己破産を選べない人も出てきます。

もしもこれらの職業への就職や転職を検討しているのなら、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談した方が良いかもしれません。

また自己破産すると官報に名前が掲載されてしまいます。もしも就職先の人がこれを見つけた場合は就職が断られてしまう可能性も出てきます。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.