クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

債務整理と返済について

債務整理は弁護士や司法書士にすぐ相談!なぜなら取り立てが止まるから!

更新日:

150129

借金がどうしようもないところまで追いつめられて、いよいよ資金繰りが難しくなったというのであれば、速やかに債務整理をすべきです。債務整理をするにあたって、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談をしてください。

弁護士や司法書士に案件を依頼すると、受任通知と呼ばれるものが債権者に対して発送されます。受任通知を受け取った債権者はそれ以上一切みなさんに借金の取り立てができなくなります。ここではこの受任通知に関して詳しく見ていきます。

受任通知の概要

受任通知というのは、債権者に対して「このたび債務者(である依頼者)が債務整理を依頼した」という旨を伝える文書をさします。依頼者が作成する必要はなく、依頼を受けた弁護士なり司法書士なりが作成して債権者に送付します。

受任通知はすでにテンプレートを持っている事務所が多いので、作成するといってもさほど時間はかかりません。

ひな形があって、そこに債務者の名前や住所、生年月日を新たに入力して作成することが多いです。このように言われると、大事な自分の個人情報を債権者側に伝えることになります。

ですから躊躇する人もいるかもしれませんが、債権者はこのような債務者の個人情報を特定していることが多いです。つまり特段新しい情報を債権者側に提示しているわけではありません。

債務者のすべきことは、皆さんがどこに借金があるのか、その債権者の名前を提供することです。もしも債権者の名前をすべて提示してもらえないと、すべての債権者に受任通知を送ることができません。

大手の消費者金融に借り入れがあるけれども支店名や金額、取引時期がいつだったかあいまいという人はいませんか?しかし債権者の名前がわかっていれば、本社に受任通知を出せるので大きな問題ではありません。

受任通知を出すメリット

弁護士や司法書士に債務整理の依頼をする最大のメリットは、この受任通知にあります。受任通知を受け取った債権者側は、それ以上債務者に借金の取り立てができなくなってしまいます。債権者が債務者に直接連絡してはならないと、金融庁のガイドラインにも明記されていることです。

債務者の中には、執拗な取り立てに悩まされている人もいます。悪質な所になってくる途中や構わず、しかも自宅や仕事場関係なく取り立てに来るケースもあります。このため、どんどん精神的に追い詰められていくというパターンも少なくありません。

闇金の場合、受任通知だけでは取り立ての収まらない可能性があります。その場合でも債務整理専門の弁護士や司法書士であれば、さらなる手を打つことも可能です。

しかし通常の消費者金融やカード会社であれば、受任通知を送付すれば、それ以上の催促はなくなるはずです。平穏な日常生活を取り戻せたという意見も多数みられます。

受任通知の効果にはもう一つメリットがあって、支払いの中断のできる点も注目です。債権者が受任通知を受け取ると、債務者は債権者に対する支払期間を中断できるのです。

多重債務や闇金に手を出している債務者の中には、相当額のお金を返済しているケースも多いです。自分の収入の半分が借金の取り立てによって消えていた、というケースも往々にしてあります。

しかしこの毎月追われていた借金の返済をとりあえず中断することができます。借金の返済をしなくなることで、自分の手元に残るお金もかなり増えます。そのため債務整理をしながら、自分の生活再建も一方で行えるわけです。

ただし保証人をつけている場合、受任通知を送付すると債権者はこの保証人に取り立てをしてしまいます。

保証人がいる場合には、債務整理の相談を事前に行うべきです。

-債務整理と返済について

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.