クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

債務整理と返済について

自己破産をしたつもりが成約残しになっていた…いつ喪明けになるの?

更新日:

150209

借金をして、返済できなくなってしまった、その場合には債務整理を行うべきです。

債務整理をすることで、借金の圧縮などができ自分の収入能力に見合った返済計画を作り直せます。

ところが中には、どのように返済計画を作り直しても返済できないというケースも出てきます。その場合には、自己破産をして借金をリセットせざるを得なくなります。

自己破産とは

自己破産とは、自分の身の回りのもの以外のすべての財産を債権者側に処分します。しかしそれでも残った債務に関しては、免責といって一切チャラにしてしまう究極の債務整理です。マイホームやマイカーは失われるものの、仕事をクビになるとかなどはなく、普通に今まで通りの暮らしが送れます。

自己破産をすれば、信用情報には事故情報が登録されます。

当面はローンを組むことやカードを持つことはできません。しかし事故情報は一般的に5年経過すると抹消されます。5年経過して事故情報がなくなれば、再びクレジットカードを作ったりローンを組んだりできます。

喪明けなのに審査に落ちた?

通常であれば、5年以上自己破産から月日が経過すれば喪明けになって、借り入れもできるようになります。ところが一部、5年以上経過してカードやローンの申し込みや借入を一切行っていないのに審査に落ちてしまうケースもあります。なぜこのようなことになってしまうかというと、成約残しをされている可能性があります。

成約残しについて

成約残しとは、個人信用情報に完了となっていない登録内容があるとか融資残高がそのままになっているなどの事例が報告されています。その他には、利用履歴の所にAという延滞の記号がそのまま登録されているなども考えられます。

自己破産で免責の確定した時点で、債権者たる金融業者は異動情報を登録しないといけません。

社内の手続きミスで、情報の登録や更新をしていないケースもあります。

また回収できるはずだった債権を自己破産のおかげでダメになったということで、嫌がらせを目的に半ば確信犯的に成約残しにするケースも見られます。

成約残し状態になると、異動情報は消えない延滞情報もそのままになってしまう可能性があります。

その結果、新規の融資の受けられるのがどんどん先延ばしになってしまう恐れが出てくるわけです。

自分の信用情報を取り寄せるべし

成約残し対策をするためには、自分の信用情報を取り寄せて確認をしておいてください。どの個人信用情報機関でも、開示請求を正式な手続きで行えば、自分の信用情報は自由に閲覧できます。自己破産手続きをして、免責決定がなされた直後に確認をすべきです。

その中で、登録内容の所に「完了」と掲載されているかどうかを確認してください。

もし完了扱いになっていない、貸付残高がそのまま残されているのであれば、その金融機関に連絡を取ることです。そして訂正申請を行います。

この時に重要なのは、登録訂正を免責決定された段階にさかのぼって手続きを行ってもらう点です。でないと、免責決定から5年経過しても喪明けにならなくなります。

免責決定になるとどうなる?

ちなみに金融業者の中には、「本当に免責になったのですか?」のような嫌味を言ってくる可能性も考えられます。

免責決定になると、裁判所から「破産免責決定通知書」というものが郵送されるはずです。免責決定を受けたことの証明になりますので、手元に保管をしておけば役立つはずです。

また訂正をした後に、その連絡を必ずしてもらうように手配しておいてください。

-債務整理と返済について

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.