クレジットカード審査の1つの肝・属性スコアリングシステムを考える

150305b
クレジットカードの審査を行うにあたって、個人信用情報の照会を行います。

その中で、過去に延滞や債務整理などの金融事故を起こしたことのない信頼できる人かどうかの判断をします。その他にもう一つ、属性スコアリングを実施します。

属性スコアリングとは、いくつかの項目に分けて皆さんのことをチェックします。それぞれの属性に合わせて、一種のポイントを付与していきます。

そしてそのポイントの合計が、カード会社の基準をクリアしていれば審査OKというわけです。現在ではコンピューターを使ってスコアリングを実施しているので、非常にスピーディに審査手続きを完了できます。

属性スコアリングのメリット


属性スコアリングを審査に用いるのは、公平にそれぞれの人の審査を行えるところです。属性にわせてポイントを付与していくシステムなので、そこには人間の感情や主観が一切入りません。客観的に審査ができるので、何人たりとも偏見が入りにくいわけです。

人の目を使って審査をすると、いくらマニュアルや基準を作ったとしても最終的には各々の判断になります。そうなると人によっては、審査する人物で合否の判断の分かれるケースも出てきます。審査担当スタッフの経験や能力によっても判断が変わりますので、公平さにかけます。しかし自動スコアリングシステムを導入すれば、そのような不公平さは払しょくできます。

また人を使って審査を行うと、申込書をいちいちチェックしないといけません。時間もコストもかかってしまい、非効率的であるとも言えます。スコアリングシステムであれば、コンピューターを使えるので高速化が可能です。

最近のカード審査は、場合によっては即日回答も可能になってきています。これは、コンピューターを使ったシステム化の進んだ賜物とも言えるわけです。

属性の項目とは


スコアリングを行うにあたって、皆さんのどのような項目をチェックしているのでしょうか?まずはどのような仕事をしているかです。

カードの代金を支払えるだけの財力を持っているかどうかの確認をします。もっとも属性のいいのは公務員で、続いてサラリーマンです。いずれも給与所得者なので、毎月安定した収入があるからです。

サラリーマンの場合、勤め先がどこかも属性に関係してきます。有名な大企業であればあるほど、審査の評価は高くなります。

一方自営業者やアルバイトの人は、収入が安定していないので属性はやや低くなってしまう恐れがあります。

サラリーマンの場合、勤続年数がどのくらいかも審査の判断でポイントになります。勤続年数が長いほど、将来にわたって安定した収入を得る可能性が高いからです。

5年以上の勤続年数があれば、まず問題ありません。1年以上あるのが理想で、申し込みをする時には少なくても半年以上の勤続年数は欲しい所です。

年収ももちろん経済力を見るためにチェックされます。400万円以上の年収があれば、ほぼ問題なく審査はクリアできます。少なくても200万円以上あれば、審査に受かるカード会社はたくさんあります。

200万円未満の場合には、申し込み先を考えるとかショッピング希望枠を少なくするなどの工夫が必要です。

住居形態も審査の中で考慮されます。名義はいずれでも構いませんが、持ち家の人の評価が高いです。持ち家の人の場合、いわゆる夜逃げをするリスクが少ないので逃げられる心配がありません。

賃貸物件であっても、できれば3年以上、少なくても1年以上現在の所で暮らしていれば、大きなマイナスにはならないはずです。

このように多方面から審査をして、カード発行するかどうかの判断をします。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ