クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

元ブラックの人は個人信用情報でブラック情報が残っていないかどうか確認

更新日:

141214

前に債務整理を行った人は、個人信用情報というものに金融事故を起こしたというブラック情報が登録されてしまいます。

クレジットカードの申し込みを受理したカード会社は、その人にカードを発行して問題がないか審査します。その一環として、個人信用情報機関に信用情報の照会をします。

個人信用情報にブラック情報が載っていれば、まずカード発行されることはありません。過去にトラブルを起こしている人に、大事なカードを発行するわけにはいかないからです。

一般的に個人信用情報は、5年経過するとブラック情報は消されます。ブラック情報が消されれば、再びクレジットカードを持てる可能性が出てきます。

個人信用情報の確認をすべし

ブラック情報がいったん登録されてしまうと、5年間は登録され続けます。しかしこの「5年間」という期間の起点はどこなのかは、どのような債務整理の方法でトラブルを解決したかによって変わってきます。

自己破産の場合は裁判所から免責決定の通知が来てから5年間と思ってください。

その他の任意整理や個人再生の手続きをしたのであれば、全額の返済が終了してから5年間と思っておくべきです。任意整理や個人再生は借金の圧縮はできます。しかし残った借金は引き続き返済しないといけないので、この返済が完了してから5年です。

しかしいつがブラック情報の消える5年後の日付か覚えている人は少ないはずです。

個人信用情報の開示請求手続きをしよう

そこでブラックが消えているかどうか微妙な時にカードの申し込みをするのであれば、その前に個人信用情報を取り寄せてみてください。債務整理をした情報が記載されていれば、申し込みをしても審査ではじかれます。

個人信用情報の確認をしたいのであれば、カード会社の加盟しているCICや消費者金融系の加盟しているJICCでチェックすることです。もう一つ全銀協という個人信用情報期間もあって、こちらは債務整理をすると10年間ブラック情報が登録され続けます。

しかし全銀協をチェックするのはアメックスくらいで、ほとんどのカード会社は照会しないと思ってもらっていいです。ですからJICCとCICでチェックすれば十分です。

個人信用情報の取得手続きはそれほど難しくはありません。パソコンなどを使って、手続きが可能なのでJICCやCICのホームページにアクセスしてください。ちなみに手数料がパソコンやケータイ、郵送による開示で1000円、窓口請求で500円かかります。

ブラックなのに申し込むと?

個人信用情報の開示請求をして、ブラック情報が残っていないかどうかチェックするのはとても大事です。

もちろんブラック情報が残ったまま申し込みをしても、審査を通らないからというのもあります。そして今後そのクレジットカードにいくら申し込みをしても、審査に受からなくなってしまうというデメリットもあります。

なぜかというと、カード会社ではブラック情報のあった人を社内のデータベースで登録するからです。

社内のデータベースに登録されると、社内ブラックという状態になってしまいます。社内ブラックになると、個人信用情報の5年後のブラック情報抹消のようにはいきません。

ずっとブラックとして登録されるので、そのクレジットカードは永久に取得できなくなってしまうわけです。

まとめ

このようにブラック情報が載っていないかどうか事前に確認をしておかないと、どんどん持てるカードの種類を狭めてしまうのです。

元ブラックの人は、勝手に喪が明けたと自己判断をしないでください。

少なくてもCICとJICCで個人信用情報をチェックして、問題ないのが確認できて初めてカードの申し込みをすべきです。

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.