クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

消費者金融系が信用情報照会で用いることの多いJICC

更新日:

150304

クレジットカード会社やローン会社が審査の判断をするにあたって、個人信用情報を重視します。支払いを巡ってトラブルを起こした人に、カードの発行やローンの融資などはしたくないと判断するからです。

個人信用情報機関は主要なものとして、3つあります。

その中の一つに、日本信用情報機構という所があります。略称で、JICCと呼ばれることが多いです。ここではJICCについて紹介していきましょう。

JICCの概要

JICCは、消費者金融業者を中心として設立された個人信用情報機関です。このため、消費者金融業者が中心となって加盟しています。それ以外には、金融機関や携帯電話のキャリア会社も加盟しています。

もしケータイやスマホの分割払いを滞納してしまうと、信用情報に傷がつくので注意です。

後で詳しく見ていきますが、JICCでは正式に開示請求手続きをすれば自分の信用情報をチェックできます。JICCの開示報告書は、3つの書類によって構成されています。

借入に関する情報を記載しているファイルDとクレジットカードや割賦販売のクレジット契約に関する情報の記載されているファイルM、クレジット会社が信用情報の照会を行った照会記録の3つです。

いきなり開示報告書を見ても、何がどの情報なのかわからないという人もいるはずです。

そこでJICCでは自分のホームページで開示報告書の見方や見本を紹介しています。サンプルを見ながら信用情報をチェックし、何か問題や事実と異なる箇所はないか確認するようにしてください。

個人信用情報は、日常生活を営む上であまり意識しないという人もいるはずです。

しかし実際にはクレジットカードやローンは日常生活と深く結びついているので、重要な書類です。仕組みを正しく理解すれば、より健全なクレジットライフを送れるのではありませんか?

JICCに開示請求をする

JICCで開示請求するには、2つの方法があります。一つは、来社開示の方法で窓口に直接出向き請求する方法です。ただし東京と大阪にしか窓口がないので、利用できる人は限られます。

信用情報開示申込書に必要事項を記入してください。

申込書の中で、JICCでは住所を検索項目として重視する傾向があります。何度か引越しを経験しているのであれば、過去の金融商品の申し込み時の住所もなるべく正確に書いてください。

JICCでは、名前と生年月日、電話番号、住所の一致した情報しか出しません。

金融業者は過去の住所など、皆さんが忘れている情報でも見つけ出しますので、なるべく思い出すことが大事です。

他には本人確認書類が必要で、種類によって1~2種類の書類を準備しないといけません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 身体障碍者手帳
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記の中から1つ提出してください。いずれも原本が必要です。

各種健康保険証や年金手帳、印鑑登録証明書と実印、戸籍謄本もしくは抄本、外国人登録原票記載事項証明書の内であれば、2通準備しないといけません。

健康保険証と年金手帳以外は、発効日から3か月以内のものでないといけません。そして手数料として500円を支払います。

郵送で開示を請求する

郵送開示請求の方法もあります。申込書の他に、本人確認書類として住民票や印鑑証明、戸籍謄本もしくは抄本、外国人登録原票記載事項証明書の原本から1つ準備します。

そしてもう一つ運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、健康保険証、年金手帳、身体障碍者手帳、外国人登録証明書のコピーを1つ準備してください。

郵送開示の場合、手数料は1000円となります。定額小為替証書で提出しないといけないので、近くの郵便局で購入してください。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.