クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

クレジットカードの信用情報は入金状況で$マークがついていればすべてOK?

更新日:

141029

クレジットカードの審査をクリアするため、より上位のカードを持つためにはクレヒスを積み重ねる必要があるといわれています。クレヒスとは、簡単に言ってしまうとカードを利用して期日までに支払いをする、これを繰り返すことです。

クレヒスを積み重ねることで、カード会社はあなたがカードを使ってもきちんと返済をしてくれる優良ユーザーだと思ってくれます。

その結果、他のカードの審査がクリアしやすくなったり、上級カードが持てたりできるわけです。

クレヒスは信用情報からわかる

クレヒスがどのようになっているかをチェックするには、信用情報が使われます。信用情報には、過去2年間の皆さんのカード利用の実績について書かれています。

カード会社のほとんどが加盟しているCICという個人信用情報機関ではきちんと期日までに入金すれば、$というマークを使います。$マークがすべてという信用情報であれば、クレヒスは高いといえます。

$をいかにたくさんつけるか?

基本的にクレジットカードにおけるクレヒスは、入金情報にいかに$をつけられるかにかかっているといえます。過去にカードやローンの利用のない人、債務整理などをしてブラック情報が載り、5年経過して喪明けの状態になった人は一切情報が何もついていません。

このような情報の何もついていない人の信用情報は、ホワイト情報と呼ばれます。このホワイトは悪い情報が一切書かれていない半面、良い情報も一切掲載されていない状況です。カード会社からしてみると、信用力は全くの未知数です。しかも先ほど紹介したように、喪明けの可能性もありますのでその意味ではマイナスの印象を持たれかねないのです。

実績のないホワイトも審査に落とされる可能性がある

ですから、全く何も書かれていない状態でカードの審査を受けても落とされる可能性があります。

そこでカードやローンを利用したことのない人は、まずは$をつけるようにしてみてください。カードもない状態で、どう$をつけるかについてですが、携帯電話を活用します。

携帯電話やスマートフォンは現在、分割払いに対応している機種が多いです。

携帯端末の分割払いとは、ローン契約をしている状態と同じです。分割払いを期日通りにしていれば、どのキャリアでも$マークがつきます。

この$マークを何度も付けていると、信用情報がよくなって、カードの審査もクリアしやすくなります。

$マークがつかないことも?

携帯電話の支払いなどで$マークをつけて印象を良くし、カードの審査をクリアしたとします。クレジットカードを1枚でももつことができれば、実はその後の審査で$マークがどうかは以前ほど重視されなくなります。なぜこのようなことが起きるかというと、カード会社の性格も関係しています。

実はカード会社の中には、期日までに入金をしていても$マークを信用情報につけない所もあるからです。実際アメックスやダイナース、JCBプロパーカード、エネオスカードといったところは期日通りの入金をしていても$マークを掲載しないといわれています。

これらのクレジットカードをいくら使っても、$マークは付かないということを覚えておいてください。

Aマークをつけないようにしよう

クレジットカードを持った後のクレヒスで注意すべき点は、入金状況にAマークをつけないようにすることです。Aとは何を指すかというと、延滞をしたという意味です。このAが所々についている個人信用情報を持っている人は、なかなか審査は通りません。

厳しいクレジットカードもあって、信用情報の中に一つでもAがあるとダメとしているケースもあります。

つまりクレジットカードを持つようになったら、期日までにカードの代金を支払うようにしてください。うっかりでも延滞をすると、自分の首を絞めることにつながりかねません。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.