クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

クレジットカードの信用情報に異動情報が掲載されれば致命的な延滞と思え!

更新日:

150110

クレジットカードやカードローンの審査を受けるときに、個人信用情報機関で信用情報の確認をします。ここでブラックリストといいますが、事故情報が掲載されていると審査が通らない可能性が極めて高くなります。

ブラックリストに載る条件として、債務整理をした人、そしてカード代金やローンの返済をせずに延滞している人が挙げられます。

延滞といっても、返済期日を1日でも遅れれば即ブラックリスト入りしてしまうわけではありません。

仕事でずっと会社に詰めていて、うっかり返済期日を忘れてしまって、督促の案内状が届いてびっくりして支払いをした経験はありませんか?

このようなうっかりミスであれば、きちんと支払いをすれば問題ありません。

ブラックリストに載るような延滞は、うっかりミスではなく確信犯のような悪質なケースに関してです。ですから「昔1日支払いが遅れたけれども、カードはもう作れないのか?」のような心配をする必要はありません。

クレジットカードのブラック=異動情報

クレジットカードにおいてブラックリストに載るというのは、異動情報が掲載されてしまった時と思ってください。カード会社のほとんどが加盟しているCICという個人信用情報機関では、「お支払いの状況」という項目があります。

この中に「返済状況」の欄があって、ここに「異動」と書かれていると実質上ブラックリストに載った状態と思ってください。

クレジットカードの業界の中では致命的な延滞を意味します。もし異動情報が載ってしまうと、クレジットカードを新たに作ることはほぼできなくなります。その他にもキャッシングや各種ローンに関しても、審査をパスできなくなってしまうわけです。

ちなみに延滞といわれると、クレジットカードの代金支払いをしなかったケースがあります。

身近な支払いに注意を

このほかにも、携帯電話を購入するにあたって分割払いをしている人はいませんか?

分割払いを選択して、その料金を延滞していると異動情報として登録されてしまう恐れがあります。

その他にも大学進学するにあたって、奨学金を受け取った場合、奨学金の返済を延滞した場合でもブラック入りしてしまう恐れがあるので注意しないといけません。

どこからが異動情報になる?

先ほど紹介したクレジットカードの個人信用情報機関であるCICでは、返済日から61日以上経過もしくは3か月以上の支払遅延が発生した場合に異動情報として登録すると規定しています。

ちなみにCIC以外でもJICCや全国銀行個人信用情報センターでも同じ基準でブラックリストに載せています。

支払期日から61日以上経過しても支払いの確認が取れない場合には、異動情報として登録できる権利を有しています。ちなみに携帯端末の分割料金に関しては、支払期日から3か月が経過しないと異動登録されません。

ただし携帯電話のキャリアの運用が変更されると、61日以上の延滞で異動と登録されてしまう可能性もあるわけです。

一般的には、3か月以上の延滞でブラックリストに載るといわれています。

カード会社やカードローン会社の中には、かなり厳しい措置を講じる所もあります。上で紹介した61日目に入金確認が取れない段階で、即異動情報と報告してしまう所もあります。

だから携帯電話の料金やカードの支払いを2か月遅れで済ませているので、自分は大丈夫だろうと思っていたところ、実はブラック扱いにされているというケースもありうるわけです。

まとめ

今後ますますクレジットカードのユーザーも増えてくると予想されています。

このため、厳しく運用される可能性も大いにあります。少なくても緩い基準に変更されることはまずないでしょうから、早めに入金を済ませるように心がけて下さい。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.