クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

クレジットカード会社に就職するという方法

更新日:

150106

クレジットカードの業界に興味を持っている人の中には、自分も就職して実際に仕事に携わってみたいと思っている人はいませんか?

クレジットカードの世界の中には、いろいろな業界の専門的な知識があります。

カード会社に就職しようと思っているのであれば、以下の基礎知識は頭の中に入れておいた方がいいです。

必要な知識

クレジットカード業界には、いろいろなカード会社があります。またVISAやMasterのような国際的なブランドもいくつかあります。

このようなクレジットカード会社の関係性に関して、しっかりと理解しておく必要があります。

カード会社は数多くの会員を抱えていて、それぞれの顧客がクレジットカードを利用しています。このような顧客情報をしっかりと管理しないといけません。

クレジットカードの世界では、業界特有の専門用語がいくつもあります。

入社した時点で業界用語をいろいろとレクチャーされるので、覚えてください。また配属される部署によっては、金融や会計の知識も必要になります。金融や会計の知識を持っているのであれば、面接試験の時などにアピールすれば有利に働く可能性が出てきます。

カード会社の中には、いろいろな部署があります。それぞれの部署で必要とされる知識も変わってきます。しかし広く浅くでも構わないので、カード業界の基礎知識だけでも収集しておくと仕事をスムーズにはじめやすくなります。

必要な資格

クレジットカード会社に就職するにあたって、別にこれといって絶対に必要な資格はありません。しかし一般的な資格ではなく、業界特有の資格がいくつかあります。

部署によっては、クレジットカードの実務能力を証明するために審査業務能力や債権管理に関連する資格取得が奨励されることもあり得ます。

現在はボーダーレスが進んでいて、どの業界でも海外との取引は必要不可欠になりつつあります。クレジットカード業界では、語学などは必要とされるのでしょうか?

語学はすべての部署で必要ではないものの、世界中にネットワークを持つクレジットカードなので外国語関係の資格取得が求められる可能性もあります。

日本で暮らしている外国人もたくさんいるので、そのような人から問い合わせの出てくる可能性も出てきます。一見外国語と無縁の部署でも、英語で書かれた文書に目を通す可能性もあるのである程度英語の読み書きができた方がいいです。

個人情報保護

どの業界でも個人情報保護が重視されています。

クレジットカード業界は、個人情報の中でもかなりデリケートな部分を取り扱っています。どの程度の借金があるのか、返済をしているかなどの情報も取り扱っています。

個人情報保護法の成立する前から、個人情報の取り扱いは厳格に行われています。ですからクレジットカード会社に就職する際には、個人情報の取り扱いには慎重に構える必要があると思ってください。

またクレジットカードはお金を取り扱っている業務であることもしっかりと意識することも大事です。

銀行のように直接現金や札束に手を触れる機会は少ないです。しかしコンピューターの中の操作で、現金のやり取りをする重要な任務を任される可能性も十分あります。セキュリティに対する意識もしっかり持ったうえで、業務を遂行することです。

まとめ

クレジットカード会社への就職も、ほかの会社の就職と基本的な流れは一緒です。

求人サイトなどのサービスを利用して、まずは興味のあるカード会社の募集をピックアップしてください。

そして履歴書、転職する場合には職務経歴書などを作成して応募します。最終的には面接試験の結果次第で、採用されるかどうかが決まります。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.