クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

元ブラックがクレジットカードを持つためにどうすればいいの?

更新日:

150311

債務整理などをしてブラック情報が登録されると、そこから新たにクレジットカードを作るとかローンを組むのはほとんど不可能です。ただし信用情報の事故情報は一般的には5年も経過すると、抹消されます。

記録がなくなれば、再びカードを持つこともローンを組むことも可能です。

クレジットカードなどは、買い物をする時にキャッシュレスで便利です。しかも最近のカードはショッピングをするとポイントがたまる制度を採用しているので、お得です。

また特に海外ではクレジットカードは、一種の身分証明としても活用されます。ホテルなどに宿泊するときにクレジットカードを提示しないと、宿泊を断られることもあります。

このようにしてみると、カードを持つことは元ブラックでも必要になるはずです。住宅やマイカーを購入するときに、ローンを組みたいという人も少なくないはずです。

ブラックからホワイトに

債務整理などをしてブラック情報が掲載され、5年経過すればブラック情報はなくなります。普通この5年間は、カードも持てずローンも組めないので個人信用情報には特段書き込むべき情報がありません。

このため、ブラック情報が消されると何も書かれていないホワイト情報になります。

ホワイトとは

ブラックとは対照的にホワイトといわれると、ポジティブなイメージを持つ人も多いのではありませんか?ホワイト情報であれば、クレジットカードの審査儲かると思っている人もいるはずです。

しかし実際にはホワイトもブラックほどではないけれども、審査に受けるのにはマイナスになりがちです。

ホワイトとは、特筆すべき情報が何もないということです。悪い情報もない一方で、良い情報も何もないわけです。つまりクレジットカードを発行するに足る、十分な信頼性がないことになってしまうわけです。

カード会社の中には疑わしい人にはカードを発行しない所も多いので、ホワイトでも審査に引っ掛かる可能性が出てきます。

そこで重要なのは、クレヒスを積み上げることです。しかし元ブラックでカードも持っていない、ローンも5年間組めなかった人がどうやってクレヒスを積み上げればいいのでしょうか?

スマホの分割払いを活用すべし

カードがない、今までローンを組んでこなかった元ブラックの人でもクレヒスを積み上げられる方法があります。

それはスマートフォンを購入する方法です。現在のスマホを見てみると、分割払いに対応している商品がほとんどです。

一括では5万円以上する商品が多いので、分割にして月々リーズナブルな価格で購入してもらおうというわけです。

実は分割購入をした時点で、クレジット会社とローン契約をしているのと同じになります。このため、月々きちんと支払いをしているかどうかは信用情報に登録されます。

もし期日内に支払いをきちんと繰り返していれば、その分いいクレヒスがたまっていくわけです。

携帯の申込みはクレジットカードの審査と比べると緩い

携帯電話の割賦契約をするためには、審査をクリアする必要があります。

しかしクレジットカードの審査と比較すると、かなり緩いといわれています。

複数の携帯キャリアに同時進行で多数申し込みをしていないか、携帯の料金を巡ってトラブルになったことはないかなどをチェックしている程度といわれています。

携帯割賦契約をして、まじめに月々の支払いを続けてください。

そして少なくても半年くらいのクレヒスが信用情報についていれば、クレジットカードの審査にも受かりやすくなります。

ただし前回の轍を踏まないためにもカードを利用するにせよローンを組むにせよ、自分の支払い能力を超えないように注意することも忘れないでください。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.