クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードヒストリー

クレジットカードの審査に影響を及ぼすクレヒスを理解しよう

更新日:

150312a

クレジットカードの審査をするにあたって、さまざまな項目をチェックします。その中で重視されているのが、クレヒスです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略称です。過去に皆さんがどのような金融商品の取引をしてきたかの履歴です。

クレジットカード会社は入会の申し込みを受け付けると、個人信用情報機関に照会します。個人信用情報機関では、皆さんの金融関係の情報がすべて登録されています。

この情報を見て、カードを発行するだけの十分な信用があるかどうかの判断をするわけです。

クレヒス=クレジットの履歴書

クレジットカードを作った、各種ローンで借入の申し込みをした段階で、皆さんの信用情報は個人信用情報機関に自動的に登録されます。

ちなみにクレヒスといわれると、クレジットカードに限定した情報のような感じがします。

しかしカード以外にも、キャッシングやマイカーローン、住宅ローンのような各種ローン、現在取り扱われている金融商品を利用すればクレヒスに関わります。

個人信用情報

個人信用情報には、いろいろな項目が記載されています。その中でも、入金状況という項目があります。CICの場合、信用情報の下部に記載されています。

入金状況

入金状況は、直近24か月間の履歴が記録されます。この入金状況が、皆さんのクレヒスを表していると思ってください。

入金状況を見れば、延滞や代金の踏み倒しをしているかどうかが一目でわかるようになっています。入金状況には、全部で8種類の記号が使われています。

請求通りの入金の記録があった場合には、$が付きます。請求額の一部が入金されているのであればP、お客さん以外の所から入金のあった場合にはRとなります。

延滞をした場合にAが付く

お客さんの事情で約束の期日までに入金が確認されなかった、延滞をした場合にAが付きます。

お客さんの事情と関係ない所で入金のないときにはB、未入金でもその原因が特定できない場合にはCマークがつきます。請求も入金もない、すなわちクレジットカードの利用のない場合には-となります。空欄は、カード会社からの情報の更新のなかった場合です。

いいクレヒス・悪いクレヒス

いいクレヒスとは、$マークが並んでいる状態です。$マークが並んでいるということは、請求通りに入金をしているわけです。約束通り入金しているということもありますし、クレジットカードを定期的に利用していることの証明にもなります。

特に直近の6か月の情報がどのようになっているかは大変重要です。

一方悪いクレヒスとはどのようなものかというと、延滞を意味するAがしばしば混じっている状態です。Aの数が多ければ多いほど、クレヒスは悪くクレジットカードの審査をクリアするのが難しくなります。

カード会社によって、どの程度Aマークがあれば審査非承認とするかは対応が分かれます。

しかし中にはAが一つでもあれば、審査で落とす所もあります。

クレジットカードを普段使わない、現金で取引するのが主という人は、入金状況に‐が多く登録されているはずです。このようなクレヒスは、カード会社によって判断の分かれる所です。

Aがついていないので、問題のある顧客とは認定されません。しかしカードの利用がそもそもないので、優良顧客とも判断付きかねます。

「-」と載っている人は審査に通らない可能性も

また24か月ずっと「-」という人は、下手すると審査で引っかかる可能性があります。カードの利用が2年間ないのは、債務整理などを行ってブラック情報が載っていたからではないかと思われてしまうからです。

債務整理のブラック情報は5年経過すると抹消されるので、なぜ-が続いているのか判断できないのです。

30歳以上で24か月すべて「-」となっている人は、元ブラックと疑われかねません。

-クレジットカードヒストリー

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.