クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

悪徳な業者への対応

安易な気持ちで闇金に手を出すと後に待っているのは地獄のみ!

更新日:

150312b

闇金に手を出す人というと、よほどの事情があって借りざるを得なくなった、このようなイメージを持つ人もいるはずです。

しかし実際に闇金を利用した人を見てみると、安易に借りているケースの多いことに気づかされます。

カードローンの借入限度枠やクレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠を使い果たしてしまった、だから闇金で借りようという安直な考え方をする人も多いです。

とりあえずお金を貸してくれるので、消費者金融よりも物わかりのいい所と思っている人すらいるくらいです。しかし闇金は行きはよいよい帰りは恐いの典型です。

簡単に借りられても、簡単には返せないので皆さん大変な思いをしています。

暴利をむさぼる

闇金の返済で苦しんでいる人の中で多いのは、返しても返しても借金が減らない点です。なぜかというと、とんでもない高利で貸し付けているのでいくら返済をしても利息の支払いでほとんど消えてしまうのです。

その結果、元本はそのままの状態で残されるので、返済期間が長引くわけです。

10日で1割の利子がつく「トイチ」

よくドラマや映画で「トイチ」という言葉を聞いたことがあるはずです。トイチとは、10日で1割の利子がつくというものです。金利は利息制限法や出資法などで上限が決められています。この利息制限法や出資法の上限をはるか超える金利になります。

しかも闇金の世界では、トイチはまだ良心的(?)な方といえます。実際に闇金に手を出してしまった人の話を聞くと、トサン(10日で3割)とかトゴ(10日で5割)といったとんでもない金利で貸し付けている業者もあります。

このような暴利では、返済しても全然借金が減らないという事態も起こり得るわけです。

安易な気持ちで闇金に手を出してしまうと、このようなずっと返済をし続ける羽目になってしまうわけです。お金を借りる際には、このようなリスクが伴うということを頭に入れておくべきです。

執拗な取り立てに遭う

闇金を利用した時に、執拗な取り立てに遭ったというのも体験者の間でよく聞かれる話です。通常の金融業者であれば、何度も取り立てをしませんし、常識的な時間に取り立てを行います。

しかし闇金はもともと非合法の組織なので、一般常識が通用しません。

たとえば、夜間であっても取り立てに自宅に乗り込んでくる可能性はあります。また電話の場合も、一晩に何十回という頻度でかけてくるケースもあります。このような環境の中で生活を強いられれば、どんどん精神的に追い詰められてしまいます。

職場に電話をかけてくる

また勤務先にも電話をかけてきます。ここまで来ると、ただ単に取立てだけでなく嫌がらせも兼ねて行っているとしか思えません。皆さんの同僚や上司に対して、「こいつは闇金から借金をしている奴だ!」ということをアピールしているわけです。闇金で借金をしていることが職場で知られれば、肩身が狭くなってしまいます。

さらに悪質なケースになってくると、闇金を利用している人の子供の学校まで押しかけて取り立てを行うケースです。

そして子供に対して「お前の親は借りたお金を返さない悪い奴だ!」のようなことを吹き込むわけです。

子供にとってこのようなことを言われればトラウマにもなりかねず、成長にも悪影響をもたらす可能性もあります。

生き地獄にならないために

このように一度闇金に手を出してしまったが最後、生き地獄が待っていると思ってください。

もし闇金に借金をしなければいけないほど、経済的に追い詰められているというのであれば、一度弁護士や司法書士に相談することです。

債務整理をはじめとして、借金問題を解決できる方法はいくらでもあります。

安易にはもちろんのこと、どんなに困っても闇金には絶対に手を出すべきではありません。

-悪徳な業者への対応

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.