クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードヒストリー

リボ払いの状況は個人信用情報機関に登録される!

更新日:

150124a

クレジットカードの宣伝などを見てみると、リボ払いを一つの売りにしている商品をたびたび見かけます。月々一定の金額を支払えばいいというもので、想定外の急な出費を強いられた時には便利と人気のある支払い方法です。

しかしその便利さに甘えてしまって、何度もリボ払いをしていると後々厄介なことになってしまう恐れがあります。

リボ払いの罠

リボ払いは月々決まった金額を支払えばいいので、計画的に支払いができると思ってしまいがちです。

特にまとまったショッピングをリボ払いにしてしまうと、なかなか元金が減らないという状況に陥ってしまいます。

このため、月々きちんと支払っているにもかかわらず、なかなか完済できないという状況に陥りかねません。

リボ払いの情報は個人信用情報に登録される

クレジットカードの審査にあたって、個人信用情報は必ずといっていいくらいチェックされます。カード会社の場合、CICと呼ばれる指定個人信用情報機関に加盟してお客さんの情報を登録することになっています。このCICには、さまざまな情報が記録されています。

クレジットカード会社はカードの申し込みがあった場合、ほかのカードをリボ払い含めどのように使用しているかをチェックします。その方法として、3つの方法があります。

1. 極度額をチェックする方法

1つ目の方法は、極度額をチェックする方法です。信用情報には、極度額を入力する欄があって、申し込みをした人がどのような限度枠のカードを持っているかがわかります。

2. 支払い状況

2つ目の情報として、お支払いの状況があります。お支払いの状況には、残債がいくらあって、月々いくら支払っているかが記載されます。

3. 割賦販売法の登録内容

最後にチェックする方法として、割賦販売法の登録内容というものがあります。

登録内容を確認すれば、残債とリボ払いの月々の支払額で年間どのくらいの返済が可能かわかります。

この3種類の情報を組み合わせれば、皆さんが現在持っているクレジットカードでどのようなリボ払いの方法をとっているかが簡単にわかってしまいます。

リボ天に注意

リボ払いの場合も、限度枠というのが設定されています。この限度枠いっぱいの状態まで使っている状況をリボ天とかリボ天井という風に表現します。

リボ天状態になっている人が、新しくクレジットカードの申し込みをしても、上で紹介したように信用情報を見ればばれます。かつリボ天になっていると、審査クリアできない可能性は高いです。

新規のクレジットカードの審査に影響するだけではありません。現在複数クレジットカードを持っている場合、リボ天になっていないカードが利用停止になってしまう恐れもあります。

カード会社は途上与信といって、審査を通してカード発行した後も個人信用情報をチェックしています。

途上与信の結果、リボ払いの残債があまりに多いとなると利用停止にされてしまう恐れもあります。

「この人は相当お金に困っているのでカード利用されたら、代金の回収ができない」と思われてしまうからです。カード会社によって違いがあるものの、平均するとリボ払いの利息は年利で18%と設定されているのが相場です。

まとめ

もしまとまったショッピングの代金をリボ払いにしていると、利息もかなりの額になってしまいます。毎月少ない額しか支払っていないと、そのほとんどが利息の支払いに消えてしまいます。

そうなると、返済しても返済してもなかなか元金が減らなくなってしまいます。

リボ払いを多用してしまってどうにもならなくなり、自己破産を含めた債務整理の相談をする人もいます。リボ払いは必要な時だけ使って、あまり多用しないように注意した方がいいです。

-クレジットカードヒストリー

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.