クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードヒストリー

カードの支払を期日通りに行っても$マークのつかないことがある?

更新日:

150301b

クレヒスをよくすると、次のクレジットカードを持つときに審査が有利になります。またその他にも現在所有しているクレジットカードの増枠を希望した場合でも、増枠に対応してくれる可能性が高まります。

クレヒスをよくする方法としてよく指摘されるのは、個人信用情報に$マークを付けるというものです。

$マークとは、クレジットカードの代金をその月は請求通りに入金されているという意味です。$マークが羅列されているということは、延滞なく支払いが続けられているわけです。

信用の高いお客さんなので、次のカードを持つときにも増枠申請する場合でも好意的に解釈されます。

$マークは義務ではなく任意

延滞なく支払いをしていれば、皆さんの個人信用情報には$マークがどんどんつくような気がします。しかし実際にはカードを利用して、きちんと期日までに支払いをしているにもかかわらず$マークのつかないケースもあります。

なぜかというと、個人信用情報機関に$マークの情報をあげるのは、義務ではなく任意だからです。

このためカード会社の中には、期日通りの入金を確認してもその報告を個人信用情報機関にあげないケースも見られます。

JCBカードは$マークを信用情報に載せない傾向

インターネットなどでしばしば取り上げられているのは、JCBカードです。JCBカードをいくら利用して、期日までに支払いをしても$マークは信用情報に載りません。入金状況は一切更新されないままなのです。

このため、信用情報を見ただけではクレジットカードを使っているのか、使わずに放置しているのかの区別がつきにくいのです。

ですから、短期間のクレヒスを作るためには不向きなクレジットカードといえます。

ただしJCBカードがクレヒスを作るにあたって、全く意味をなさないかというとそうではありません。

例えば長年JCBカードと契約をしている人であれば、強制解約などにならずに済んでいる信用のある人と解釈できます。また前月の残債を確認することは可能です。

もし前月の残債がそれなりに残っているのであれば、カードを頻繁に利用しているアクティブなユーザーと考えられます。

情報更新してくれるカード会社を選べ

このように長期契約をしているとか、残債を調べることで$マークをつけないカード会社でもクレヒスは積み上げられます。

しかし例えばほとんど今までカードを使ったことのない人や元ブラックのようなホワイト状態に近い人だと、$マークのついていないのは審査では不利です。その場合には、$マークをつけてくれるカード会社に入会すべきです。

$マークを付けるカード会社ですが、むしろこちらが多数派です。わかっている所でも、OMCやVIEWカード、セゾンカードに関しては毎月入金情報の更新を行っています。

またアコムはクレジット利用でもローン利用でも、期日通りに支払いをすれば$マークがつくといいます。

このような$マークをつけてくれるクレジットカードを利用した方が、ぱっと見でもクレヒスの良し悪しが判別するので使い勝手は良いです。効率的にクレヒスを築き上げたいのであれば、引き落としサービスを有効利用することです。

まとめ

携帯電話や公共料金、インターネットのプロバイダー料金は、カード払いにすることが可能です。

しかも口座の自動引き落としにしていれば、口座に必要なお金があると延滞を気にする必要もなくなります。

いずれの料金も、毎月確実に発生します。つまり自分で何かアクションを起こさなくても、どんどん信用情報に$マークをつけられるわけです。

カード選びをする時には、信用情報に$マークをつけてくれるかどうかもチェックしておきたいところです。

-クレジットカードヒストリー

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.