ブラック喪明けのような人でも携帯の割賦契約の審査はクリアできる?

過去に債務整理を行った、長期間の延滞があったとなるとブラックリストに載ってしまいます。ブラック情報のある人は、クレジットカードやローンを組むのはほぼ不可能になります。しかしブラック情報は一般的には、5年経過すれば抹消されます。

ただしホワイトの状態になっているので、いきなりカード会社に申し込みしても悪い情報もいい情報もないので、審査に落とされる可能性が考えられます。そこでブラック喪明けの中には、いきなりカード会社に申し込むのではなく、携帯の分割払いをするケースも多いです。

携帯の分割払いは、携帯割賦契約といわれています。この契約はクレジット契約の一種で、ローンを組んでいるのと同じ状態になります。そこで期日内にきちんと支払いを続けていれば、クレヒスを積み重ねられます。その結果、ホワイトの状態と比較するとカード会社に申し込みをしても審査クリアできる可能性が高まるわけです。

携帯割賦契約の審査は通る?


ここで問題になってくるのは、携帯割賦契約の審査をブラック喪明けの人でもクリアできるのかという点ではないでしょうか?確かに分割払いを認めるための審査を実施していますが、カード会社のように過去の履歴などを事細かにチェックしているわけではありません。

携帯のキャリアの関係者の話を総合してみると、携帯割賦契約をするにあたって確かに個人信用情報機関で信用情報はチェックするそうです。しかしそれは、個人で他社もあわせて大量の分割契約をしていないかに関して確認しているだけにすぎないということです。それほど深く内容を吟味しているわけではないので、よほどのことがない限り審査はクリアできるといいます。

基本的に携帯キャリアが信用情報を見るときには、携帯に関するトラブルをチェックしているだけといわれています。先ほど紹介した割賦契約をほかでもたくさんしていないかの他にも、他者で携帯割賦契約にして、何ヶ月も支払滞納していないかどうかを確認しています。

また過去の履歴に問題がないかもチェックしています。携帯料金で踏み倒しの事故などを起こした過去があって、強制解約をされたことはないかはみられています。また自社で延滞を過去に何度も繰り返していることはないかもチェックして、以上の項目に該当しないのであれば問題はありません。

一部厳しいキャリアも


携帯割賦の審査は、クレジットカード審査と比較するとかなり甘いといえます。実際債務整理の事実が個人信用情報に登録されている段階でも、携帯料金などのトラブルがないかどうかの方が重要視されるといいます。

現在携帯キャリア間の競争は、ますます激化しています。iPhoneにNTTドコモも参戦してきたことで、スマホの競争がどんどん厳しさを増しています。その中で、新規顧客をできるだけ多く獲得していかないといけないので、カード並みの厳しい審査がなかなかできないという事情もあります。

ただし、ソフトバンクに関しては信用情報がブラックだったり、スーパーホワイトになっていたりする人は割賦審査を通さない場合もあるという話もインターネットでは紹介されています。その意味では、割賦審査で最も厳しいのはソフトバンクといえるかもしれません。

しかしそのソフトバンクの審査でも、もし引っ掛かるようなことがあればカードの審査は無理というくらいの厳しさです。ブラック喪明けでクレジットカードを持ちたいのであれば、まずは携帯の割賦契約を交わして支払いを繰り返し、クレヒスを積み重ねてみる方法もありです。いきなり申し込むよりも、カード会社の心証もよくなるはずです。

ブラックでもクレジットカードが作れる?

このページの先頭へ