クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードヒストリー

スーパーホワイトがクレジットカードを取得するまでの流れ

更新日:

150222

クレジットカードの審査の通らない人の中には、個人信用情報に問題のある人が多いです。

ブラックという言葉を聞いたことのある人もいるはずです。長期間の延滞があるとか債務整理をしたことがあるなど、支払いを巡るトラブルの過去にある人をブラックといいます。

そして意外と知られていないことに、ホワイトでもクレジットカードの審査に引っ掛かってしまうこともあるのです。ホワイトとは、過去にカード利用のしたことのない人で、真っ白の状態に個人信用情報のなっている状態をさします。

一見すると真っ白の状態であれば、審査にも通るのではないかと思う人も多いはずです。

スーパーホワイトとは何か?

クレジットカードの業界では、ホワイトの中でも一部人種を「スーパーホワイト」と呼ぶことがあります。スーパーホワイトとは、過去に一切のカード履歴の掲載されていないまっさらの状態の人をさします。

昔ながらの方の中には、どうもカードの支払は信用できない、現金主義を貫くという人がいます。

このような人は、スーパーホワイトということになるわけです。

現在のクレジットカードの審査はスピーディに手続きを進めるため、機械審査を実施します。

その中で、個人信用情報を使って機械で過去の利用履歴をチェックします。この時スーパーホワイトのような、真っ白な状態の人は落とされる可能性が高いです。

なぜスーパーホワイトは落とされてしまうのでしょうか?

確かにスーパーホワイトは、問題のある情報は一切書かれていません。

しかし一方でカードを一切利用していないので、信用にプラスになるようないい情報も一切ないわけです。このため、ホワイトであることとカードを付与するに十分な信用があるとはまた別次元の話になってしまうわけです。

また過去に債務整理などをしてブラック履歴のある人は、5年間はカードも作れないでしょうし、ローンも組めないのが普通です。このような人で5年間月日が経過してブラック情報が払しょくされ、ホワイトになっているケースもあります。

このため、過去に問題を起こしたことがあるのでは?と思われ、審査をクリアできなくなることも考えられます。

携帯電話の分割料金を使う

審査が甘いといわれているクレジットカードを除くと、多くのカードはいわゆるスーパーホワイトの状態では審査で落とす傾向が見られます。そこで活用してほしいのは、携帯割賦契約を活用する方法です。最近の携帯電話やスマートフォンは分割払いにしているものが多いです。

携帯端末を分割で支払うのは、ローン契約しているのと実質一緒になります。このローンの分割払いをきちんと期日通りに行えば、その履歴が信用情報に掲載されます。

そうすれば、クレヒスを積み重ねることができるわけです。

携帯の分割払いをし続けていけば、スーパーホワイトの状態から脱出できます。携帯の分割払いの目安は、半年間といわれています。

半年期日通りの支払いを続けていけば、クレジットカードに申し込みをしても審査をクリアできる可能性は高まります。

クレヒスを積み重ねるというのは、ある程度の時間がかかります。クレジットカードは担保も保証人もなくカードを発行して、自由に買い物をさせるので与信がとても重要になるのです。

まとめ

クレジットカード会社は、カードの利用実績の全くない人を敬遠する傾向があります。

信用力が全くの未知数なので、カードの発行をするのはリスキーと判断するからです。

最近のカードは使えば使うほどポイントが付与されるなどの特典がついています。

これを機に、クレジットカードのショッピングももっと積極的にやってみるのはいかがですか?

-クレジットカードヒストリー

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.