クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

ブラックリストに載れば審査に落ちる理由は信用力にあり!

更新日:

150102

ブラックリストという言葉を耳にしたことはありませんか?過去に長期的な延滞をしたとか、債務整理をして悪い言い方をすれば債務を踏み倒した人が該当します。延滞や債務整理をすると、個人信用情報に金融事故として登録されます。これがブラックリストに載ったと表現されます。

ブラックリストに載ってしまうと、まずクレジットカードの審査をクリアできません。なぜクレジットカードが持てないかというと、クレジットカードの審査は信用のある人物かどうかを判断するからです。

無担保・無保証人で代金の立て替えをしてくれる

ショッピングをして代金の請求をされたときにカードの提示をします。

そうするとサインをすれば、キャッシュレスで買い物ができます。しかしもちろんお金がかかっていないわけではなく、後日カード会社から代金の請求があって支払いをしないといけません。

なぜカード会社に代金を支払うかというと、カード会社が皆さんの買い物代金を店に立て替えているからです。いわばクレジットカードを利用するのは、買い物の代金をカード会社から借り入れしているのと一緒です。

しかも他のローンのように、担保も保証人も取らずにカード会社は融資しているのです。

ではなぜ皆さんに対してカード会社は融資しているのでしょうか?それは皆さんに十分な信用力があると判断して、立て替えをしているのです。ここで今一度、ブラックリストの人の話に戻します。

信頼されていない、それに尽きる!

ブラックリストに載った人は、支払うべきお金を支払わなかった、債務を返さずに整理してしまった人です。

このような支払うべきものを支払わない人に対して、カード会社は十分な信頼感を得られるでしょうか?

カードを発行してもまた同じことをしかねないと判断するのが普通です。このため、ブラックリストに載っている人はまずクレジットカードの審査は受からないわけです。

カード会社は営利目的の会社で、会社に損失を計上する行為をみすみす行いません。ですから債権回収できないリスクのある人に、カードは出さないわけです。

ブラックリストも様々

一般的にブラックリストというと、個人信用情報機関の事故情報を表します。個人信用情報には過去にどのような金融商品を利用したことがあるか、返済状況はどうかなどが事細かに書かれています。債務整理や延滞があれば、異動情報として登録されています。

その他にも、社内ブラックなるブラックリストも存在しています。カード会社ではそれぞれ、自分の所で発行しているクレジットカードの利用状況をデータベース化しています。もし過去自分の所のクレジットカードを使ってトラブルを起こしたことのある人なら、ブラックリストに登録されています。

延滞を何度も繰り返したとか債務整理をされてしまった人は、この社内ブラックに間違いなく登録されています。実際にその人のカードを発行して何らかの被害をこうむっているわけですから、またカード発行しようとはなりません。

個人信用情報機関のブラック情報は、CICやJICCなら5年、全銀協なら10年で消えます。しかし社内ブラックに関しては、半永久的に消えないと思ってください。つまり過去トラブルを起こしたことのあるクレジットカードは、二度と取得できないと認識しておくべきです。

申し込みブラック

その他には申し込みブラックもあります。

カード会社によって基準は多少異なるものの一般的には、過去半年に3件以上のカード会社などに申し込みをするとブラック扱いにされます。

短期間にたくさんのカード会社に申し込みをしているということは、それだけお金に困っている人ではないかと判断されてしまうからです。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.