クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

海外発行のクレジットカードであればブラックでも持てる?

更新日:

141223

基本的に過去5年以内に債務整理や悪質な長期の延滞を繰り返してきた人は、カードの審査は通りません。信用情報にいわゆるブラック情報が登録されてしまっているからです。ですから5年間は喪に服すといいますが、まじめにカードやローンのことを忘れて現金主義でいくべきです。

しかし中には、ブラック期間中でもどうしてもクレジットカードが必要という人も出てきます。何とかカードを持てないのかと、インターネットで懸命に情報収集している人はいませんか?このような人の中には、虚実入り混じるネットの情報に振り回されてしまっている人もいます。

デビットカードを持つ方法

ブラックの人でも持てるカードとして、デビットカードが注目されています。デビットカードとは、カードを提示すると一定期間置くのではなく、ダイレクトにお手持ちの口座からショッピング代金が引き落とされるシステムのカードです。

もし口座に十分なお金が入っていないのであれば、引き落としができず利用停止になります。カード会社としても、債権回収漏れが起こりにくくなります。

すぐに引き落としになるかどうか、口座に入っている預金分が利用限度額になるなどの違いはあります。基本的な機能に関しては、クレジットカードと一緒です。

デビットカードの場合、口座があれば信用情報機関で照会しないので、ブラックの人でもカードは作りやすいかもしれません。

しかしデビットカードは、使い勝手がクレジットカードと比較すると一枚劣るという評判もあります。実際デビットカードだと、月額料金の自動引き落としのできない会社もあります。携帯電話やプロバイダーの料金引き落としは、デビットカードでは難しいとされています。

国際クレジットカードならOK

ブラックでも持てるクレジットカードの情報の中でしばしば登場してくるのが、海外発行の国際クレジットカードに申し込みする方法です。

ブラック情報の掲載されている個人信用情報は、日本国内でのみ共有されている情報です。

海外のカード会社であれば、個人信用情報を見ないのでブラックであることがばれず、カード発行されるのではないかというわけです。

確かに、海外のクレジットカードであれば、日本の信用審査の影響は受けません。このため、日本ではブラックリストに載ってしまっている人でも、国際クレジットカードの発行される可能性があります。

ただし、海外の銀行口座を開設しなきゃいけなかったり難易度は高い

国際クレジットカードを取得するためには、ブラック情報とはまた異なるハードルをクリアしないといけません。

それは何かというと、海外で銀行口座を開くハードルです。海外に自分の資産を移せるだけの経済力があればいいですが、ブラック情報の載っている方でそのようなことのできる人はごく限られるはずです。

しかも海外に口座開設しただけではだめで、ある程度の信用を得ないとクレジットカードは作れません。

まとめ

このようにしてみていくと、国際クレジットカードをブラック期間中に取得するのは現実的でないと判断せざるを得ません。

ブラックの人がクレジットカードを持つためには、やはり5年間待って事故情報が抹消されてから申し込みをした方がいいです。

海外発行のクレジットカードに関して、インターネットのサイトの中には「100%作れる!」などと大げさに書かれているものもあります。

ブラックで何とかクレジットカードを作りたいと思っている人は、100%という言葉に飛びつきたくなるかもしれません。

海外でも国内でも関係なく、カードの申し込みをすれば審査があります。

ですから100%確実に受かるクレジットカードはありませんから、ネットの情報にはあまり振り回されないでください。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.