クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの審査

多重申し込みをすると申し込みブラックで審査に落ちる!

更新日:

141226

クレジットカードの申し込みをしたのに、なかなか審査に受からないのはなぜと疑問を呈する人もいます。

その中には、過去に借金やカードの支払でトラブルを起こしたこともないのに審査に落とされたという人もいるはずです。

実は金融事故を起こしたことがなくても、審査に落とされるパターンはあります。それは、申し込みブラック扱いにされているからです。

申し込みブラックとは

申し込みブラックとは、多重申し込みとも言われています。短期間の間に複数のクレジットカードに申し込みをしている状態で、申込件数が多くなればなるほど審査に落とされやすくなります。

特に1度何らかの理由でカードの審査を落とされてしまった人の中で、多重申し込みをする傾向があります。またカードの審査に落ちてしまったらと思って、保険のためにほかのカード会社に申し込むからです。しかし多重申し込みを行っている時点で、カード取得できる可能性を自ら狭めてしまっている事実を理解しておくべきです。

多重申し込みで審査に落ちる理由

ちなみにどのクレジットカード会社にいつ申し込みをしたかの情報は、個人信用情報機関に登録されています。このため、複数の所に申し込みをすればカード会社はたちどころにしてその情報を把握できてしまいます。

では多重申し込みがなぜ、ブラック扱いになってしまうのでしょうか?

それは、カード会社の人間がいくつかの危惧を抱くからです。たくさんのカード会社に申し込みをしているということは、それだけお金に困っているのではないかと思われかねません。また次から次へとカードの申し込みをしていると、自転車操業のような状態になっているのではないかとも思われる恐れがあります。いずれにせよ、カードを発行しても債権回収できないリスクの高い要注意人物と判断されてしまいます。

中には、全額クレジットカードを利用できるだけ利用して自己破産で借金をチャラにしようとしているのではないかと懸念を抱くところも出てきます。カード会社も営利目的で営業をしています。ですから損失の出るリスクに貸し付けを行うような愚かなことはしません。このため、多重申し込みをしている人は審査に落とされてしまうのです。

申し込みブラックにならない対策

申し込みブラックにならないようにするためには、まず申込件数を絞り込むことです。ところで、申し込みブラックとはどのくらいのカード会社に申し込むと該当するのでしょうか?

通常のブラック情報とは異なり、申し込みブラックと信用情報には載りません。どこからが申し込みブラックになるかは、それぞれのカード会社で判断することになります。

一般的に、3件以上のカード会社に短期間で申し込みをすると審査に受からなくなる可能性が出てきます。そこで、カード会社に申し込みをするのであれば、クレジットカードの特徴などの情報収集をしてターゲットの絞り込みを行ってください。

もし3件クレジットカードの申し込みをして、どのカードも審査クリアできなかったとします。その場合には、いったん待つことです。申込情報は半年間残ります。つまり3件申し込みをしたら、半年間待って再度クレジットカードの申し込みをすることです。

この間を利用して、なぜ自分はクレジットカードの審査に落ちてしまうのかを反省してみるといいです。

まとめ

個人信用情報は、個人信用情報機関に開示請求をすれば閲覧は可能です。自分の信用情報の中で、何がカード発行のネックになっているかを確認してください。

携帯電話の支払が延滞になっているなど、自分では今まで気づかなかった事実がわかることもあります。

-クレジットカードの審査

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.