クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

悪徳な業者への対応

チェックしてみたら貸金業登録番号があった!でも注意すべき業者がある?

更新日:

150307a

貸金業者の大半は、きちんとした営業をしている業者なのですが、一部いわゆる闇金業者があります。

闇金業者は高利で、執拗な取り立てをするのが特徴です。このため、ひとたび闇金に手を出してしまうと後々大変な地獄が待っている可能性は高いです。

そこでいかにして闇金にお金を借りないようにするかが重要です。しかしこの闇金か正規の貸金業者であるかを区別するのはなかなか難しいです。

闇金関係の情報を掲載しているサイトの中には、貸金業登録番号をチェックすればいいと紹介しているものも多いです。しかし貸金業登録番号のあるなしで確認するだけではまだ不十分です。

ウソの情報を掲載していることも

チラシやホームページで、その中のどこかにまっとうな貸金業者であれば貸金業登録番号を掲載しているはずです。もし広告のどこを見ても貸金業登録番号が見られないのであれば、100%確実に闇金業者であると思ってもらって構いません。

しかしただ単に広告の中に貸金業登録番号があれば、問題なしと短絡的に考えるべきでもありません。

業者が怪しかったら貸金業登録番号を金融庁のHPで検索をかけてみる

実は貸金業登録番号の中には、うそのでたらめな番号を平気で記載している貸金業者もあります。

ですから貸金業登録番号が掲載されているだけで安心してしまうのは、早計です。金融庁のホームページには、貸金業登録番号の検索できるサービスが設置されています。
>> 検索入力ページ:金融庁

こちらに貸金業者の広告の中に記載されている番号を入力してください。

もしいい加減な番号を記載しているのであれば、この時点でばれます。

ちなみに貸金業登録番号でウソの情報を掲載している場合、法律で処罰されます。闇金のような営業をしている所は、もともと法律を違反することに抵抗はあまりないはずです。

このため、堂々と偽の番号を掲載している場合も多いので、注意しないといけません。

貸金業登録番号を見たら金融庁のホームページで検索にかける、この習慣をつけることが大事です。完璧に闇金帽子まではいかないものの、かなりの予防効果が期待できます。

カッコの中の数字に注意

貸金業登録番号は、「○○県知事(財務局)(○)第○○○○○号」という感じで表示されます。貸金業登録番号をチェックするときに、カッコの中に入っている数字を確認することが大事です。

カッコの中の数字は何を意味しているかというと、何度登録更新を行ったかを表しているからです。

貸金業として登録をした場合、3年に1回の割合で更新手続きをしないといけません。つまりカッコ内の数字が多ければ多いほど、貸金業の歴史の長い業者であることがわかるわけです。おおむね貸金業を長く営業している所であれば、信頼できます。

もし「あの貸金は悪徳だ」とか「あそこは高利で貸し付けしている」などのうわさがたてば、営業を続けるのが難しくなります。長く営業しているということは、それだけ利用者の間でも信頼されているといえるわけです。

実際貸金業登録番号を出している闇金は、(1)などのケースが多い

短期間でお金を稼げるだけ稼いで、とっとと店じまいしてしまいます。そしてまた名前を変えて営業をするので、なかなか貸金業登録番号の更新ができないわけです。

もちろんまっとうなビジネスをするために貸金業を開業して、まだキャリアの少ない所もあります。しかしカッコ内の数字が少ない所であれば、少し注意をした方がいいです。

テレビなどでコマーシャルを流している大手の消費者金融がいくつかあります。この大手の会社のように誤解させるような闇金などもあります。

気を付けていないと、思わぬところで足をすくわれる可能性もあるので注意しないといけません。

-悪徳な業者への対応

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.