クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

悪徳な業者への対応

一回闇金を利用すると悪徳業者でカモにされる?

更新日:

150213b

闇金をはじめとして、貸金業者の中には残念ながら悪徳業者が跋扈しているのは事実です。

しかも一見すると、それぞれの悪徳業者が暴利を好き勝手にむさぼっているような感じがします。しかし実際には裏社会には強力なネットワークがあるものです。

一度ヤミ金業者に個人情報を渡すと…

そして闇金などにひとたび手を出してしまうと、その情報は瞬く間に裏社会のネットワークに広がります。そして別の悪徳業者が次から次へと勧誘にやってくる、いわゆるカモ扱いにされてしまうのです。

そしていくつもの悪徳業者が群がって、皆さんを身ぐるみはがしてしまうわけです。

悪徳業者には引っ掛からないようにしないといけないのは、このような理由があるからです。

カモリストがある?

闇金などを利用する人のリストが、悪徳業者の間では出回っているといわれています。業者にとってはよく言えば「お得意さま」悪く言えば「カモ」のリストです。このリストには、過去その人がどのようなサービスを利用したのか、いつごろサービスを利用したのかということが書かれています。

一回悪徳業者に引っ掛かってしまうと、いずれ金策に困るはずです。業者はリストを見れば、資金繰りで窮するのがどこかがある程度予想もつくわけです。そしてその資金繰りで窮したタイミングを見計らって、電話なりメールなりで「資金融資しましょうか?」と甘くささやいてくるわけです。

皆さんの中には「こんな簡単なことでは自分は騙されない!」と思っている人もいるはずです。

資金繰りに困って、いよいよ返済ができなくなるとなんでもいいからお金を貸してくれる所にすがる気持ちになります。人間、追い詰められるとまともな感覚ではいられなくなることもあるわけです。

しかも悪徳業者はこの手の営業を数こなしている海千山千のプロです。相手がテーブルに乗ってしまえばしめたもので、後は口八丁手八丁で自分のペースに持っていってしまい、結局貸借契約を成立させてしまいます。

実際闇金に手を出して債務整理した人の中には、「自分が騙されているとは思わなかった、こんなことになるとは思わなかった」という意見を持つ人も多いです。

公的なリストを活用する?

カモリストのような裏社会で流通している裏のリストを使って、一人の闇金利用者をよってたかって食い物にするのはわかります。しかし悪徳業者の中には、公的な資料を使ってカモ探しをしているケースもあります。

公的な資料を使って、といわれるとにわかに信じられないという人もいるはずです。

官報をチェックされる

何を悪徳業者は利用するかというと、官報です。官報には、自己破産手続きをして免責通知を受けるとその人の住所や氏名が載せられます。普通の人は官報をチェックすることは少ないでしょうが、悪徳業者はこの情報を逐一チェックしているのです。

官報に自己破産をしたと載っている人は、簡単に言えばお金に困っています。

しかも自己破産をすればブラックリストに載るので、まともな消費者金融などでは向こう5年間は借り入れできません。そこを狙って、ヤミ金が「ブラックの方でも融資しますよ」とやれば、飛びついてくる可能性はあるわけです。

まとめ

自己破産をしてみるとわかりますが、名前も聞いたことのない金融業者からダイレクトメールがどんどんきます。

内容も融資しますと書かれているケースが多いです。もし自己破産をしても生活していくための資金に窮しているのであれば、このような誘惑に負けてしまう人も出てきかねません。

しかしこのようなダイレクトメールを送り付けてくるのは、100%間違いなく闇金業者であると認識をして甘い誘いに乗らないようにしてください。

-悪徳な業者への対応

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.