クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの基本

クレジットカードの増枠をしてみませんか?この勧誘に応じない方がいい?

更新日:

150221a

クレジットカードには、あらかじめ利用限度枠というものが設定されています。この枠の中であれば、自由にショッピングするときなどにカードによる支払いができます。

入会申し込みをしたときに、その人の返済能力を見てどうするかを決めます。

ところでお手持ちのクレジットカードの利用限度額に不満を持っている人はいませんか?

「もう少しショッピングで利用できるようにしたい」と思っているのであれば、増枠申し込みが可能です。

いままでカードを使って支払いも滞りなく行っているクレヒスのいい人であれば、増枠に応じてもらえる可能性もあります。

また逆にカード会社の方から「増枠してみませんか?」という勧誘を受けることもあります。

カード会社が言うのだから、応じれば増枠してもらえるような感じがしますね。しかし現実勧誘されて応じてみたところ、審査落ちになったというケースも多いです。

事前審査は行っていない?

普通むやみやたらにクレジットカードの増枠を勧誘しているとは思わないのではありませんか?

事前に審査を行って、増枠OKの人を選んで勧誘の連絡を入れているような感じがするはずです。だから勧誘があれば応じると、ほぼ確実に審査に通ると思っている人は多いです。

しかし勧誘の電話をする時に、何も事前審査を行っていないケースがほとんどというのが現実です。

勧誘を行って、「増枠しますよ」というOKの返事が出たところで審査を本格的にスタートするのが普通です。このため、増枠申請を言われるがままに行ったところ、審査否認されたという事例はたくさんあります。

ですから、「そちらから勧誘してきて希望に添えかねますとはなんだ!」というクレームも数多くかかってくるといいます。カードを使っている人は、勧誘の電話=増枠OKとはならないという点をきちんと理解しておくべきです。

勧誘通りに増枠申請したら利用停止?

勧誘を受けて増枠申請をすると、カード会社は審査を実施します。その審査の中には当然のことながら、申し込みした人の個人信用情報をチェックするという項目が出てきます。つまり勧誘に乗せられて増枠申請をすると、見られる必要のない信用情報を見られることも頭に入れておくべきです。

信用情報をチェックしたところ、ネガティブ情報を発見されてしまうということも起こりえます。その他にはリボ払いをしていて、リボ枠を目いっぱい使っているリボ天状態に陥っていることがばれるケースもあります。

ネガティブ情報に関しては、途上与信を行うので遅かれ早かれ見つけられてしまいます。しかしリボ天状態は、別に信用情報でネガティブではありません。

ところがリボ天状態で増枠申請してきたことで、カード会社にマイナスの印象を与える恐れがあります。その結果、カードの増枠どころか利用停止になってしまうという申請した人にとっては理不尽極まりない状態になる可能性もあります。

不安な人は受けるべからず

いくら「増枠しませんか?」という勧誘の電話がかかってきても、自分の信用情報に自信が持てないのであれば受けるべきではありません。特に先ほど紹介した、リボ天の状態に陥っている人は利用停止まで行かなくても、審査で引っかかる公算は高いです。

増枠は何も、カード会社の言われるがままに手続きをするものではありません。自分から増枠の申し込みもできる手続きです。

そこで今の状態であれば増枠できると自信を持ったタイミングで、増枠の手続きをしてください。

信用情報を事前に取り寄せて、問題のある個所はないかチェックしてから手続きをするのが無難です。

-クレジットカードの基本

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.