クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードの基本

こんなところに落とし穴!クレジットカードの審査は多岐に及ぶ

更新日:

150131

クレジットカードの入会申し込みをすると、カード会社でカード発行しても問題がないかの審査を実施します。

基本的に代金支払いできるだけの安定した一定の収入があるか、過去カードやローン利用でトラブルを起こしたことがないかをチェックします。

無職ではなく、安定した収入を得ている人、個人信用情報機関にブラック情報のない人であれば、カード発行される可能性は高いです。しかし中には、思わぬ落とし穴にはまってしまって、カード非承認となってしまうケースもあるので注意しないといけません。

在籍確認と本人確認

カード会社では、在籍確認と本人確認をするケースがあります。最近では、審査のスピーディさを売りにしている所も多いです。このため、CICなどの個人信用情報機関の紹介だけでカード発行の可否を判断している所も多いです。しかし原則としてカード会社が審査するときには、在籍確認と本人確認をしていると思ってください。

入会申込書の中には、皆さんが現在勤務している会社の名前と連絡先を記入する欄があるはずです。この勤務先の情報が本当かどうか、確かにその会社に申し込みしている人が勤務しているかどうかを確認するのが在籍確認です。

在籍確認の電話は、オペレーターの個人名で連絡します。ですから、クレジットカードの在籍確認を電話応対した人は気づかないはずです。また当人が出なくても、他の人が受けて在籍しているようなリアクションをすれば確認は可能です。

本人確認は、なりすましではなく、確かに申し込みした人と同一人物であるかを確認するために実施されます。在籍確認は当人が出なくても問題ありません。しかし本人確認をする時には、皆さんが電話に出ないといけません。実はこの本人確認の段階で、落とし穴にはまってしまうケースもしばしばみられます。

本人確認の注意点

本人確認の電話に出ないと、確認が取れないので同一人物かどうかがわからないのでその時点でカード審査をクリアできなくなってしまいます。同一人物かどうかの確認が取れないだけでなく、いざというときに音信不通になってしまうことをカード会社が嫌がるからというのもあります。延滞した時や緊急のお知らせをする時にコンタクトが取れないとなると、カード会社も困ります。

最近では固定電話でも携帯電話でも着信があると、どこからかかってきたのか電話番号が出てきます。身に覚えのない電話番号だと電話に出ないという人はいませんか?

いたずら電話や勧誘の電話などが多く、面倒だからという気持ちはわかります。

見覚えのない着信があってもとりあえず出てみる

クレジットカードの入会申し込みをしてからしばらくの間は、見覚えのない電話番号でも出るように心がけてください。

もしかすると本人確認の電話である可能性があるからです。留守電にすると、カード会社からメッセージが入るので、それで折返しの電話をしてみるのもいいです。

あと本人確認の電話に出ても、審査に落ちてしまうケースもあります。それは電話に出てカード会社の名前を出したとたんに電話を切ってしまうケースです。

特に仕事で忙しいときには、カード会社の電話に構っていられないという人も確かにいるかもしれません。

しかしこのようなぞんざいな扱いをされると、カード会社の印象も悪くなります。扱いにくい人物と判断されてしまって、それがクレジットカード審査に落ちる理由にもなりかねません。

まとめ

その他にも横柄な態度をとるとか、奇妙な応対をすると上司に報告されて審査クリアできなくなるケースもあります。忙しいときには大変かもしれませんが、カード会社からの電話にはていねいに対応した方がいいです。

-クレジットカードの基本

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.