クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

個人情報の取扱い

クレジットカードやローンの支払いが遅れた場合、一時的に利用中止になる?

更新日:

141016

クレジットカードを使ってショッピングをした場合、決められた期日までにカード会社に代金の支払いをしないといけません。

しかし中には、うっかり返済期日を忘れてしまい入金しなかったというケースも出てくる可能性はあります。その場合には、すぐに代金を支払えば大きな問題にはなりません。

今回はそのような返済期日に関するトラブルリスクについて説明します。

クレジットカードが利用できなくなる

クレジットカードの支払に関して、自分の銀行口座からの自動引き落としにしている人はいませんか?これなら、うっかり代金支払いを忘れる事態は回避できます。

しかし、もし期日までに必要なお金が口座の中に入っていないと、引き落としができなくなります。

その場合には、カード会社から引き落としができなかった旨と次回引き落としの期日が書かれ、それまでに必要なお金を入金しておくように書かれたハガキが届きます。この時お金を口座に入れておけば、引き落とされ支払いの問題は解決されます。

中には「支払期限に1日でも遅れてしまうと、ブラックリストに載ってしまうのではないか」と思っている人も多いです。

しかし1日やそこらでブラックリストに即載ってしまうことはそうそうありません。しかし、通常3か月以上にわたって支払いをしないと、ブラックリストに載ってしまいます。

利用再開までは何日くらいかかる?

代金の支払を期日までに行わないと、たとえそのカードの利用限度額に達していなくても一時的にカードの利用ができなくなるので注意してください。

入金が確認されれば、再びクレジットカードは利用できるようになります。

クレジットカードが利用停止になってしまった場合には、具体的にはどの程度の期間が経過すればクレジットカードの利用が可能になるのでしょうか。

カード復活までの流れについてはそれぞれのカード会社ごとに異なりますので、単純に「○日でカードの利用が可能になります!」と断言することはできないようです。

カードが使えるようになるまで最低でも数日はかかる

支払いが滞った分の入金を行えば、数時間程度で利用が再開されるカード会社もありますし、一方で再開には数日程度がかかってしまうカード会社などもあります。

利用者の立場としては「支払いを行ったのだからすぐに利用を再開してほしい」と思うかもしれませんが、カード会社ではリアルタイムで入金を確認しているわけではありませんので、確認からカード利用の再開までには数日程度が必要になる場合があります。

カード会社では会員情報をシステムを活用して自動的に更新していますので、会員情報が更新されるまでには一定の時間がかかることになります。

何度も延滞を繰り返すと「悪質な人」というレッテルを貼られる

さらにカード会社ごとに利用するシステムは異なりますし、システムそのものが新しいものに変更されることもありますので、前回はすぐにカードの利用が再開されたとしても、次回はある程度の時間がかかってしまうかもしれないのです。

そして特に何度も延滞を繰り返したり、延滞の期間が長期化した場合などには注意をしてください。

悪質な利用者だと判断されてしまうと、返済が滞った分の支払いを行っても利用停止が解除されないこともありえます。その後の利用停止の解除についてはカード会社の判断次第ということになりますので、詳しくは直接カード会社に電話をして問い合わせてみましょう。

延滞による利用停止が他のカードの利用に影響することはあるのでしょうか?

複数のクレジットカードを所有している人の場合には、「延滞が理由でクレジットカードの利用が停止された場合には別のカードも使えなくなるのだろうか?」と気になるかもしれません。所有するカードがすべて利用停止になってしまうと様々な不都合が生じるのですが、いきなりそのような状態になってしまうことはないのです。

クレジットカードの延滞に関する情報はクレジットカード会社間で直接やり取りが行われるのではなく、個人信用情報機関というデータベースに登録をされ、これを別のカード会社が閲覧することにより情報が伝わります。延滞によりクレジットカードが利用停止になったとしても、延滞の履歴がいきなり信用情報機関に延滞の履歴が登録されることはありませんので、すぐに返済を行って延滞の状態を解消すれば大丈夫なのです。

ローンの返済ができなくなった

ローンを組んで借入した場合も、約束された期日までに料金の支払いをしないといけません。ところが約定日までに入金が確認されない場合には、支払いが確認されなかったという文面のハガキが届きます。銀行のカードローンの場合には保証会社、銀行系の消費者金融の場合、金融会社名で届きます。そして入金をするようにお願いするような内容も書かれているはずです。

ちなみにカードローンは、利用限度額の中であれば自由にATMを使って借り入れができます。しかしもし延滞が確認された場合には、その時点で新たな借り入れができなくなってしまいます。そして入金をするとカードは再度利用可能になります。

ただし入金確認されればすぐに利用再開となるかというと、そうでもありません。中には1日でも約定日を延滞してしまうと、向こう3か月間はカードの利用ができなくなってしまう所もあります。いつまでに入金すると利用再開はいつになるのかは、カードローン会社に確認を取っておくべきです。

個人信用情報機関に延滞の履歴が登録されるとどうなるのでしょうか?

延滞についてはやむを得ない事情があったり、ついうっかりで返済を忘れてしまうことなどがありますので、延滞をしてもすぐに個人信用情報機関に延滞の履歴が登録されることはありません。

ただし延滞を何度も頻繁に繰り返したり、あるいは延滞が長期化して2ヶ月を超える場合などには、悪質な利用者だと判断され個人信用情報機関に延滞の履歴が登録されることになります。

クレジットカードやカードローンなどの審査では個人信用情報機関に対して情報の照会を行いますので、この時に延滞の履歴が登録されていると新規の申し込みの審査には通らなくなります。

また現在利用中のクレジットカードに関しては、カード会社では定期的に個人信用情報機関に対する情報の照会を行っていますので、延滞の履歴が登録されたことが伝わった場合にはカードの利用停止や更新の拒否などの措置が行われる可能性があります。

とにかくコンタクトをとること

クレジットカードでもローンでも、期日までに必要なお金を準備するのが難しいという事態に遭遇する可能性は十分にあります。その場合に、逃げ回るというのは絶対にやってはならないことです。

クレジットカードやカードローンのような保証人も担保もなしで借りられる商品は、信用でお金の貸し借りが成り立っています。にもかかわらず逃げ回っていると、相手のあなたに対する信頼がぐらつきます。

お金を準備するのが難しくなった段階で、カード会社やローン会社に電話してください。そして正直に事情を伝えることです。そうすれば、消費者金融のカードローンなどだと支払日の変更に柔軟な対応をしてくれる所もあります。

またカード会社に電話をしても、善処策をいろいろと提案してくれます。全額は無理でも一部の支払いをしてほしいなどの提案をしてくれるので、できる範囲で対応してください。

このように誠意ある対応を心がけていれば、ローン会社やカード会社との決定的な亀裂を回避できます。

-個人情報の取扱い

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.