クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

もしかしてブラックかも?

クレジットカード審査でよく言われるブラックリスト、実は知らない人も多い?

更新日:

141027b

クレジットカードの審査をする時に「ブラックリストに載ってしまうとカードが持てない」という話は、しばしば耳にしたことのある人もいるはずです。

しかしブラックリストという言葉は何となく知っているけれども、具体的にどのような代物なのかはよくわからないという人は多いです。

そこでここでは、クレジットカードにおけるブラックリストの素朴な質問にいくつか答えていきます。

ブラックリストとはどのようなもの?

ブラックリストといわれると、要注意人物の名前の一覧の書かれているリストがカード会社で出回っている印象を持つ人は多いです。しかしブラックリストというリストが実在するわけではありません。カード会社は申し込みを受理すると、個人信用情報機関に照会します。

個人信用情報機関では、返済が滞るなどの問題が起きると事故情報として登録します。このような事故情報のことをブラック情報と呼びます。ブラック情報の掲載されることをブラックリストに載ったという表現をするわけです。ちなみに返済を巡るトラブルの一切ない人の信用情報は、その逆のホワイト情報といいます。

事故情報とは何?

ではブラックリストに載る原因の事故情報とは、どのようなものなのでしょうか?個人信用情報機関はいくつかあって、それぞれに管理している情報は異なります。しかし一般的には、延滞情報と代位弁済、取引の停止や強制退会、破産宣告などの債務整理情報を登録しています。

ちなみに延滞の場合、延滞の事実だけでなく、その後どうなったかについても書かれています。延滞をした後入金したのか、どの程度の延滞があったのか、解約をしたのかなどの情報も事細かに記載されています。

延滞といっても、例えばついうっかり支払いを忘れてしまって期日の翌日には入金したというケースもあるはずです。このようなちょっとしたミスによる延滞は、即事故情報にはなりえません。一般的に事故情報になる延滞は、長期間滞納したままの悪質なケースです。

一般的には3か月間の延滞が基準になるといわれています。支払期日から3か月以上滞納したままで経過すると、ブラックリストに載る可能性があるので注意しないといけません。

事故情報はあくまでもクレジットカードやローンのため

事故情報が登録されると、クレジットカードを作ることやローンの借り入れが難しくなります。ただしあくまでも、お金の貸し借りの部分だけの影響にとどまります。ブラックリストに載ってしまうと、その後の生活全体に悪影響が出ると思っている人もいるようですが、そのようなことはあり得ません。

たとえば、ブラックリストに載ると就職できなかったり、今勤めている会社をクビになったりするのではないかと思っている人は多いです。しかしこのようなことはあり得ません。個人信用情報はカード会社やローン会社の審査のためだけに使われます。身辺情報調査をするために使われることはありません。

また「個人」信用情報と書かれていることからわかるように、あくまでも個人のものです。たとえば、親がブラックリストに載っているので、子どももクレジットカードやローンサービスが利用できないということはあり得ません。ただし旦那さんがブラックリストになっていて、その旦那さんの債務の保証人に奥さんがなっているケースは奥さんもブラック扱いになるので注意してください。

まとめ

家族の誰かの借金問題に悩まされている人はいませんか?

そのような場合、個人信用情報機関に「この人にお金を貸さないようにしてほしい」と要望が出せます。

そうするとブラック扱いになるので、クレジットカードを作ることやローンを組むことがかなり難しくできます。

-もしかしてブラックかも?

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.