クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

もしかしてブラックかも?

銀行の個人向けフリーローンはブラックには貸さないことを重視する

更新日:

20150708

どうしても銀行から資金使途自由なローンを組みたいけど、

「でも自分に課してくれるのか?」
「審査に通るのかが不安」

そう考えている方も多いと思います。
今回は銀行の個人向けフリーローンの審査について詳しく解説します。

個人信用情報に重点を置く銀行のフリーローン

銀行の個人向け商品であるフリーローンは、個人信用情報を最も重要視します。

銀行が加盟している信用情報機関は全銀協だけではなく、テラネットなどへの加盟も増えてきているようで、ブラックリスト入りしている人はもちろん、事故情報がなくても多重債務を抱えていたりする人には、まず貸さないと考えていいかと思います。

ただし例外として、いわゆる「おまとめローン」という商品があります。

これは多重債務を抱えている人のための商品で、数社の消費者金融や信販会社などの借入を一本にまとめることで、高い利率を銀行の低い利率にできたり、毎月の返済額を低くして着実に返済できたりといったメリットのある商品です。

それでも事故歴がなかったり、借入金の総額に上限があったりと、いろいろと制限はあるようです。

金融事故を起こしてブラックになると銀行でローンが組めない?

カードローンの延滞など金融事故を起こしてしまうと信用情報機関にその情報が掲載されてしまい、いわゆるブラックリストにのる、という状態になってしまいます。

ブラックになるという事は他の人よりもお金に関する信用が下がってしまうという事になってしまうのです。

しかし、ブラックになったからといって融資をしてはいけないという法律はないため、融資してくれる金融業者も中にはあるのです。

といってもやはりブラックの場合は銀行からの融資は難しくなってしまうでしょう。

消費者金融などに比べて銀行は審査が厳しいと言われており、信用情報をとても重視する傾向にあるからです。

延滞が多い場合や、収入が安定してないなど返済能力に不安がある場合にはやはり融資は難しくなってしまいます。

ブラックになってしまうとやはり銀行のローンの利用は難しくなってしまうでしょう。

銀行以外の金融機関でブラックになってしまっても、その事実は全ての金融機関が調べる事ができるようになっているため、わからないだろうと申込みしてもすぐにブラックだとわかってしまうのです。

おまとめローンならブラックでも利用できるの?

複数のローンを1つにまとめて借りる事ができるのが「おまとめローン」です。

これは金利の高いローンをいくつも借りているものを金利の低いローンに1本化できたり、また毎月の返済額を少なくしたりすることができるローンの事を言います。

このおまとめローンを利用する場合でも必ず審査を受ける必要があるので、ブラックの場合は銀行のおまとめローンはやはり厳しいと思われます。

ブラックになる前におまとめローンを使って支払いを楽にしておくという使い方はできるため、多重債務になってしまい支払いが困難になるかもしれないと感じたら、早めにおまとめローンを検討してみると良いでしょう。

まとめ

ブラックになるのは延滞を繰り返したり、自己破産になった場合などがありますが、他にも短期間に3件以上の金融商品に申込みした場合でも「申込みブラック」となってしまいます。

ローンに通らないかもしれないと一度に複数のローンに申込むのは危険なのです。

-もしかしてブラックかも?

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.