クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

もしかしてブラックかも?

口座引き落としにしていたけれども残高不足に…そんなときはどう対処すべき?

更新日:

クレジットカードの支払方法の中に、皆さんの口座から期日にカード会社が引き落とす方法があります。

これなら自分たちで支払いをする必要がないです。期日が来れば勝手に引き落とされるので、うっかり支払い忘れる事態も回避できます。

再引き落としまでにお金を準備しよう

しもし期日までに代金が準備できないと、引き落としができなくなります。この場合、ほとんどのカード会社で再引き落としの手続きが取られるはずです。

メールもしくは電話で「いついつに再引き落としを行いますので、入金をしておいてください」のような通知が行きます。もし再引き落としの時までに、必要な代金を口座に入金していれば、そのまま引き落とされます。

そうすれば、問題なく処理をしてくれるはずです。

ほとんどのところで、一回残高不足で引き落としができないと再度後日手続きを実施します。

しかし有名なところでは楽天カードがそうなのですが、金融機関によっては再引き落としをしていないケースもあります。

通常は上で紹介したような再引き落としの連絡が入るはずなのですが、そのような連絡が一切来なければ、カード会社に連絡をしましょう。

自分で振り込みをして解決可能

上で紹介したような、特定のカード会社では再引き落としをしていないケースもあります。その場合には、カード会社で連絡をして相手の指定する口座に振り込みをしましょう。

また再引き落としをしているカード会社でも、振り込んで支払っても問題はありません。むしろ早めに振り込んで代金を支払った方が良いでしょう。

というのもカード会社によっては、遅延損害金の発生する可能性があるからです。これは約束までも期日までに支払わなかったことによる、損害賠償金の一種です。遅延損害金の発生する期間ですが、カード会社によってまちまちです。

最初に滞納した時点で発生することもあれば、再引き落としでも支払いができなかったときに初めて遅延損害金がかかるところもあります。

前者の場合、遅延損害金は日割りで計算されます。つまり早めに支払いを済ませないと、それだけ余計なコストを負担しなければならないわけです。

そう考えると再引き落としの日まで待つのではなく、代金を準備できるのなら自分で振り込んでしまった方が良いのです。

お金が準備できないのなら?

もしクレジットカードの代金の支払いができそうにない、再引き落としの日までにお金を準備できないかもしれないという場合には、支払い変更の手続きをとりましょう。

実は一括払いや分割払いにしていたものを、支払い変更してリボ払いにするといったことはどのカード会社でも対応しています。

リボ払いは毎月定額を支払う方法です。各カード会社のリボ払いを見てみると、月々数千円でOKとしているものが多いです。

リボ払いへの変更方法

この程度の支払いであれば、何とか準備できるという人もいるでしょう。リボ払いへの変更方法ですが、ネットでできるものが多いです。

会員専用サイトにログインして、支払い方法をリボ払いに変更しましょう。

リボ払いに変更する場合、変更可能の期限が決められています。

たとえば楽天カードの場合、毎月27日が引き落とし日ですが、その月の20日22時までにリボ払いに変更すれば、その月の請求を翌月に繰り越してリボ払いによる支払いにできます。一時的に出費がかさみ、たまたまその月だけ引き落としの期日までにお金を準備できないこともあるでしょう。

その場合には、カードローンで借り入れて一時的にしのぐという方法を使ってみるのもありでしょう。

-もしかしてブラックかも?

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.