クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードローン

クレジットカードのリボ払い、分割払いを避けるべき2つの理由

更新日:

150505

クレジットカードはいくつかの支払い方法の中から自分の好みのものを選択出来ます。

多くの方は一括払いを利用していると思いますが、リボ払いや分割払いを選ぶ人もいるでしょう。これらの支払い方法は「今はお金がないけれどどうしても買わなくてはならないものがある」「一括で支払うのは難しいけれど月々少しずつの支払いならできる」と言ったときにメリットを発揮します。

しかし、逆に言えば本来なら購入できなかったはずのものを買えてしまうわけですので、それなりのリスクが生じることは理解しておかなくてはなりません。ここではクレジットカードのリボ払い、分割払いは避けたほうが良い理由を紹介します。

金銭感覚の麻痺

クレジットカードでのリボ払い、分割払いを避けるべき最大の理由は「金銭感覚の麻痺」にあります。先述した通り、これらの支払い方法を選ぶと自分の支払い能力を超えた買い物ができてしまいます。支払いを分割化して先延ばしできるので「今はお金がないけれど欲しい!」というニーズにも対応出来てしまいます。

早い話が、カード会社から借金をして買い物をしているわけです。あとは借金した分を毎月少しずつ返済していく、という支払い方法であることを忘れている方が多いように見受けられます。もちろん初めてカードでリボ払いや分割払いを利用する時は慎重になる方がほとんどでしょう。

しかし、一度でも利用するとその便利さからついつい気軽に使ってしまいがちです。その結果、お金がないのに欲しいものがあるときは「分割払いやリボ払いを使えばいいや」という考え方をしてしまうようになって、徐々に金銭感覚が麻痺し、生活費の予算が崩れ始めてしまいます。

日常的に分割払いやリボ払いを利用し始めると徐々に毎月の返済額が大きくなっていき、月々の返済に追われて苦しい生活を送らざるをえなくなったり、場合によっては返済出来ずに自己破産などの債務整理に踏み切らざるをえない状況に陥る可能性も出てきます。

手数料の発生

もちろん自分自身の支払い能力の範囲内であれば、分割払いやリボ払いを選択するのもひとつの手です。しかし、これらの支払い方法は必ず手数料が発生することを覚えておきましょう。いわゆる「利息」というものです。

利用金額や返済回数などによって利息は異なりますが、特にリボ払いは利息総額がかなり大きくなってしまいがちです。

これらの分割払いやリボ払いの怖さをまとめると以下の通りとなります。

金銭感覚の麻痺 一度に支払えないお金でも少しずつ支払えばOK、という考え方が定着すると金銭感覚が麻痺して本来なら買えないはずの買い物にも踏み切ってしまう可能性がある
利息の発生 分割払いやリボ払いは金利手数料が発生するため、購入費用+利息=支払い総額になる(トータルの支払い額が大きくなる)
借金をしている状態に クレジットカードの場合だとあまり意識されないが、実際にはカード会社から借金をして買い物をしている状態にある

分割払いやリボ払いに頼らないために

このような状況を避けるべく、クレジットカードを使用する際には分割払いやリボ払いは使わないようにしたいところです。つまり、原則としてクレジットカードを利用する場合は「一括払いのみ」に限定することが大切。

もしも、どうしても分割払いやリボ払いを使ってでも購入しなくてはならないものが出てきたときに初めて検討する、くらいの心積もりでいるべきでしょう。

また、分割払いを利用する際にも、極力少ない回数の分割を選び、リボ払いを利用する際は毎月の返済額を極力大きな金額に設定するようにしましょう。

つまり、返済期間を短くしてできるだけ利息が発生しないような使い方をするべきだということです。もしもこのような支払い方法ができそうもないのなら、そもそも購入するべきではないと考えましょう。

-クレジットカードローン

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.