クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードローン

年収の1/3以上の借入はできない?いやいや方法はあります!

更新日:

150210b

総量規制という言葉は、一時期ニュースでもしきりに紹介されていたので耳にした人も多いはずです。総量規制とは、自分の年収の1/3を超えて借入できないというルールです。

年収300万円の人は、100万円までの借入が限度ということです。

総量規制が施行されたわけ

なぜ総量規制が導入されるようになったかというと、多重債務の問題が背景にあったからです。自分の収入を超える借入をして、返済ができなくなったとします。中には、借金返済のために借金をするという悪循環に陥る人も出てきました。

そこで多重債務のような状況に陥らないようにするため、総量規制が設けられました。

総量規制が設けられることで、今まで借入できたお金が借り入れできなくなって不自由している人もいます。ここで理解しておきたいのは、融資を行っているすべての業者が総量規制の対象にはなっていないという点です。

総量規制は貸金業法の一つ

総量規制は貸金業法という法律の中に書かれている項目です。貸金業法は文字通り、貸金業者に対する規制の法律です。具体的には消費者金融や信販会社のような、いわゆるノンバンクと呼ばれている所を対象にした法律であり、規制です。

銀行は金融機関であって、貸金業者ではありません。このため、貸金業法も総量規制の影響も受けません。そこでもし年収の1/3を超えるようなまとまった額の融資を受けたいと思っているのであれば、銀行のカードローンなどに申し込むことです。

銀行カードローンといわれると、審査が厳しいのではないかと思う人もいるはずです。決して銀行カードローンの審査は甘くはないのは事実です。しかし定期的な収入を得ていて、延滞をしたことがない、事故情報も一切ないのであれば審査に受かる可能性は大いにあります。

最近の銀行カードローンの中には、即日審査結果を通知してくれる所も増えています。申し込みをした時間によっては、即日融資に対応してくれる所もあるくらいです。

銀行カードローンは融資幅が大きいだけでなく、消費者金融系などと比較すると金利も低めです。このため、支払う利息の負担も少なくできるので後々の返済のことまで考えても有利といえます。

すでに借入のある人は注意

銀行カードローンは、総量規制の縛りがないので年収の1/3以上の借入のできる可能性はあります。ただし誰でも融資しているかというと、そうではありません。特にすでに他社で借り入れをしているような人には融資は慎重になります。

たとえば、消費者金融系のカードローンで総量規制いっぱいまで借入をしていたとします。その上で銀行は総量規制の縛りがないというので、銀行カードローンに申し込みをすれば融資してくれるのではないかと思う人もいるようです。

しかし消費者金融で総量規制一杯の債務があるのに、さらに貸し付けを行う銀行はまずないといっていいです。

総量規制いっぱいまで借入を行っていて、それでもお金が足りないという切羽詰まった人はいませんか?このような人は精神的に追い込まれていることも多く、ちょっとした詐欺にも簡単に騙される傾向があります。特に注意したいのは、紹介屋に引っ掛かるケースです。

紹介屋の存在

紹介屋とは紹介料を支払うと、融資してくれる所を紹介するという商売です。紹介料を支払うと、具体的な金融機関の名前が提示されるといいます。

「上層部には私たちの協力者がいます」のようなことをいう所もあるといいます。

そしてその通りに申し込みをしてみたところ、どこも審査クリアできない、しかも紹介屋の居所もわからないとなるケースが多いです。

上層部に協力者がいるというのも、まずあり得ません。このような話に引っ掛からないように注意したいところです。

-クレジットカードローン

Copyright© クレパス , 2018 All Rights Reserved.