クレジットカードの審査の悩みに答えます

クレパス

クレジットカードローン

カードもローンも今まで一切利用したことのない私がなぜ審査で落ちるの?

更新日:

150316b

クレジットカードやローンの審査を受けたところ、承認が得られないという人も出てきます。

このような審査落ちした人の中には「なぜ自分が審査に落ちたのか?」とコールセンターなどに直接質問してくる人がいます。

しかしあらかじめ言っておきますが、いくら詰め寄ったところで皆さんの審査落ちの理由は説明してくれません。

審査に落ちてしまう人の中には、今回が初めてカードやローンの審査だったという人もいます。

過去にトラブルになってブラック情報があれば、審査に落ちるのも納得できます。そのような金融事故の一切ない自分がなぜ?と思う人は多いです。

しかし金融事故が何もない人=信頼できるお客さんとはならないのです。

なぜ個人信用情報が真っ白?

過去にカードやローンの延滞がある、債務整理をしたことがあるとなるとブラック情報が個人信用情報に記載されています。このような状況では、審査はクリアできません。

過去にトラブルを起こした人にお金やカードを預けられないですよね。

一方個人信用情報に何も書かれていない、真っ白の人も怪しまれてしまうのです。20代前半であれば、初めてカードやローンを利用するといってもそれほど不自然ではありません。

30歳を超えて信用の低い人は警戒される

ところが30歳以上になって、一切情報がないとなるとカード会社やローン会社は警戒します。

カード会社やローン会社からしてみると、30歳にもなればカードの一つ、ローンの一つくらいは利用したことがあるはずだと思います。

その履歴が一切ないのは、おかしいと思われてしまうのです。このような全く個人信用情報に履歴の書かれていない人のことをスーパーホワイトといいます。

なぜスーパーホワイトになるかを考えてみると、まずは徹底した現金主義でクレジットカードを利用したことがないからがあります。そしてもう一つ、過去に金融事故を起こしたからというパターンも考えられます。

先ほども紹介したように、ブラック情報が登録されるとカードもローンも一切利用できません。しかしCICやJICCのような主だった個人信用情報機関では、5年間経過するとブラック情報は抹消されます。

そうなるとカードもローンも5年間一切利用していないので、真っ白な個人信用情報が残るわけです。

現金主義できた人なのか、元ブラックなのかは個人信用情報を見ただけではわかりません。しかしもし元ブラックであれば、カードやローンの審査を通すわけにはいきません。

債権が焦げ付く恐れが高いからです。

このため、30歳以上で一切信用情報に何も書かれていないと審査落ちの憂き目を見てしまいます。

携帯分割でクレヒスをつける

元ブラックとあらぬ疑いをかけられた、一切過去にトラブルを起こしたことのない人にとってはいい迷惑かもしれません。しかし現金主義できた人であったとしても、審査ではマイナスの印象を持たれます。

信用情報が真っ白ということは問題のある情報のない代わりに、カードやローンのサービスを利用してもらうにあたっていい情報も何一つないわけです。

個人信用情報が真っ白ということは、入金の約束を守れる人かどうか未知数ともいえます。判断のしようのない人に融資をするのは、リスクが大きすぎます。

スーパーホワイトの人は案外信用が低い

このような背景もあって、スーパーホワイトの人にはカードやローンの審査を通したがらないという背景もあります。

そこでもしスーパーホワイトに該当する人であれば、クレヒスを作って信用力を少しでもつけることです。その方法として手っ取り早いのは、スマホやケータイを購入することです。

この時一括で購入するのではなく、分割払いで購入するのです。

分割払いで購入すると、クレジット契約を結んだのと事実上一緒ということになります。期日通りの返済を続けていれば、それは信用情報に登録されます。

スーパーホワイトではなくなるので、審査に受かる可能性もアップするわけです。

-クレジットカードローン

Copyright© クレパス , 2019 All Rights Reserved.